ガソリン価格は下がるのか

ガソリンに掛かる暫定税率撤廃について世間が騒がしい。


庶民からすればガソリンの価格が下がれば、特に普段から車を使っている人はうれしいはず。
しかし国の財源はそうとう厳しくなるだろう。
国の運営と法人経営とで比べてしまうのは悪いクセだが、
収入がなければ無いなりになんとかなるのは、経営者のほとんどは経験している。
どうにもならなければ破産だが、そうなる前に節約、改善することは沢山ある。
地方の知事は全員暫定税延長に賛成らしいが、経営者としては正しい判断だろう。
「金はいりません!」 なんて言っているのはミナロとその仲間達だけだ。


どうしても避けられないコストダウンに直面したとき、あなたならどうする?
つっぱって仕事が来なくなり、ジリ貧。
泣く泣く要求をのんで、ジリ貧。
やってられるかー!と取引をやめて、ジリ貧。
・・・どれも賢明ではない。
法人の普通の経営者であれば、今回は要求をのんで、それとは別に割の良い仕事を探すだろう。
それを行政にあてはめたらどうなる?
消費税率の早期アップや、いったんは下げた所得税をチョットづつ上げるのだ。
つまりは税の取り立てかたが変わるだけで、庶民のフトコロから出て行く金に変わりはない。
暫定税で集めた金は一般財源として使えないというのは、まったく持って庶民には関係のない事情だ。
道路大好き議員さんが言うことも人としては普通だろう。
いくら業績の良い会社だとしても「うちは金が余ってるのん」なんていう経営者は居ないのと同じである。
どっちも人であるかぎり、強い者がルールを決める。
政権争いのダシに使われるガソリン価格が現状維持なのか、下がるのか、どっちに転んでも日本の政治に将来の夢は見られない。
立場的に弱い庶民が唯一対抗するならば、誰にも侵されない真の心を持ち続ける事だ。
「金なんかあとで良いぞ~」と言うミナロとその仲間達(希望)のように。 
でも手形はやめてよ
blogランキング

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。