債権者集会

破産した会社の債権者(不渡り手形)として霞ヶ関の東京地裁へ行ってきた。
そこには破産した商社の元社長も出頭していたのだが・・・


今回の破産に関わる処理はすべて破産管財人の弁護士にまかされている。
しかし破産した商社からの情報提供が少なく、正確な財産や買掛、売掛の伝票類がすでに行方不明で処理に非常に時間が掛かっていると伝えられた。
現在判っている負債総額約5億円に対し、資産の評価額は約150万円にしかならない。
その他、未回収の売掛金は供託金として裁判所が預かっている、その額約5600万円。
この150万円と5600万円をたした金額が、通常であれば債権者達に振り分けられる事となるのだろうが・・・


この商社が従業員を一斉解雇したのが12月28日。
その2、3日前には、従業員と再建の約束をしたばかりだったというのに。
そしてこの破産が、計画的ではないのか?という疑惑が浮かんでくる。
世間はまだ年始休暇の年明け1月4日に、新しく開設した銀行口座へ保険積立金や有価証券の資産、約1200万円が振り込まれ、即日引き出しされていた。
破産管財人がお金の行方を聞くと、元社長曰く、「姉への借金返済へ充てた」と。
商社が持っているはずである受取手形、約360万円の行方も不明となっている。
また、供託金や未回収の売掛、営業保証金等のほとんどが、あるノンバンクへの優先的破産債権となっていると主張しているのだ。
つまりは、残り資産はすべてノンバンクへの支払に充てると。
だが、破産管財人はこのノンバンクの債権は認めず、違法ではないかの調査をしている。
集会場にはノンバンクの担当も来ていて、元社長と破産代理人に詰め寄る場面もあった。
先日電話をもらった商社の元従業員の話にあった、「ノンバンクに仕組まれた計画倒産ではないか」という疑惑はますます濃くなった。


説明会が終わり、破産管財人と破産代理人の連絡先を知るために名刺をもらった。
その時に元社長と少し話をしたのだが、風貌は不精ヒゲにノーネクタイの決して正装ではない格好。
「もう逃げ隠れしませんね?」の問いに対し、「ご迷惑お掛けして申し訳ございません、しかし別に逃げ隠れしていたわけではありません、こちらも何かと忙しいのです、生活のため仕事もしなければなりませんし」と。
どうやら、自分の置かれた立場や責任、今後の事などは考えられないタイプのようだ。
まさに「売家と唐様で書く三代目」なのだろう。
この元社長に聞きたいことは山ほどあるが、たぶん時間の無駄だ。
今後は破産管財人にすべてを任せ、事実が暴かれるのを待つしかない。
次回債権者集会は12月
blogランキング

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。