2つのシナリオ

下方修正が続き、いよいよ赤字の見通しとなった自動車業界最王手企業だが。


わずか数ヶ月の間に、1兆6千億円の黒字から1500億円の赤字へと約2兆円も読み違えるだろうか?
輸出戻し税で数千億円も戻ってくる企業なのに、この微妙な赤字幅はなんなんだろうか。
これには2つのシナリオがあるように思えるのだが・・・
1つは2009年問題

2009年問題(2009ねんもんだい)とは、製造業において、派遣労働者を企業が正規採用しなければならなくなる問題である。『ウィキペディア(Wikipedia)より』

製造業に派遣労働者が認められた年、真っ先に採用した電機・自動車の大手企業達が、今度も真っ先に経営悪化を打ち出した。
その後、儲かってないんだからという大義名分で、大量の派遣切り。
2009年問題は一挙に解決した。
これを3年ごとに繰り返せば正規採用せずにずっと使える。
2つめは米ビックスリー
米ビックスリーの労働者は時給7000円(日当ではなく)と、とてつもなく高価だ。
たとえ米政府が公的資金で介入したとしても、この時給で経営がやっていけるはずがない。
今や自動車メーカーのトップとなった企業でさえその約半分だ。
そこで今回の赤字報道。
世界のトップメーカーが赤字だという大義名分で、どう考えても時給7000円は貰いすぎではないか。
その時給を半分にしたら雇用しましょう。
ついでに関連部品工場も買い取ってあげましょう。
円高ですから安い買い物です。
そんな算段があるかもしれない。
というかシナリオとしては当然考えているだろう。
米大統領の交代を機にビックスリー問題は解消に向かい。
来年の決算報告では思ったより赤字は少なく、派遣の再雇用が始まる。
2つの問題を解消に向かわせるには最高の赤字見通しではないか。
来年はどんな年となるでしょう・・・
blogランキング

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。