泣かしてしまった

女性ではなく、野郎ですがね。


このところあんまりにも金利が安いんで、融資を受ける検討をしてした。
そこでまた金融機関への相見積もり。
すこしでも条件の良いほうから借りるということで、いろいろ動いてもらった。
片方の金融機関は支店の次長が窓口で、もう一方は新人営業。
頼む前から勝負は見えていたか・・・
数週間もの間、両行と資料提出や条件合わせのやりとりが続いた。
そして、どちらから融資を受けるか決定する日、新人営業がミナロへやってきた。
「いかがでしょうか、社長」
「もう決めたよ、先方には断りの電話を入れといた」
「えっ?」
「君から借りることにしたんだよ」

結果は、新人営業が前例のない条件を引き出し、融資実行となった。
今回の制度で一年据置は前例が無いほどありえないことらしい。
負けた次長は鼻から「無理でしょう」と言っていた。
新人営業の彼にとって、今回の融資が銀行に勤めて初の融資実行だった。
「社長、おれマジ泣きそうです。。。」
と言いながら泣いていた。
前例のない事は無理。 そう思っていてはなにも進歩しない。
前例が無いからやり甲斐があるんだろう。
若く正義感あふれるその年頃に、大勢の人に会い、多くの問題意識を持つことが、未来の企業を、世間をまっとうに出来る唯一の方法だと思う。
新人営業の彼にとって、初融資は一生忘れられない出来事だ。
それがミナロだったんなら、ミナロもますます発展しなければ、いずれ「そんな会社あったね~」と昔話で終わってしまう。
そうならないよう、ミナロもやる。
共に成長するんだ。
彼が今日からブログを読むと言ったので書いてみたw
blogランキング

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。