権限委譲

気がつけばミナロにはすでに十数名が出入りする会社となっていた。


現在も募集していないにもかかわらず面接希望の人々がやってくる。
この先も徐々に人が増えながら成長していくだろう。
約束は出来ないがそうなるようにやるしかなさそうだ。
創業以来、ほとんど仕事の中身は変わってない。
CADとNCを使いモノを作って納品する。
基本はいつも一緒だ。
だが、パイが縮小している業界でもある。
いつまでもそれに逆らって人を増やせるわけがない。
どこかでやり方を変え広がって行かないとベースとなる仕事だけでは回らなくなる。
そこで最近色々と考えた結果が、もっと権限委譲をすることだ。
今までは新規ユーザーの場合、ほとんど社長が打合せ、見積、手配をしていた。
それらすべての工程を見切ってから現場に流していた。
ここ数年少しずつ譲ってきたのだが、それでも一日中見積をしたり、同時にいくつもの案件を覚えていなければならない事は多い。
経営者同士の会合で「社長は、今日でも明日でもなく、あさっての事を考えていなければならない!」と、人にはよく言うのだが、自分が完璧かといったら・・・だ。
そんな事を思っていたら過去ログにこんな記事を見つけた。
誰の為の命だ

しかし、時間と共に年をとるのは避けられない、あと30年程は仕事をしなければならない、
と考えるとある程度は冒険も必要だろう。
3期目はスタッフを増員することを考えようと思う。
そんなとき目にとまったブログ購買担当者の独り言にこんな事が書いてあった。
相応に規模が拡大した場合は自分ひとりでは回らなくなり、優秀な番頭、右腕が必要になってくる・・・そして何より、強烈なイニシアチブとは裏腹な繊細な感受性・・・とでも言おうか、単純に周りへの聞く耳を持つことが、真っ当な状況判断のはなにより「必要になってくるのだが・・・

今になって改めて組織のありかたを考えた。
ひとりで回せる仕事なんてたかがしれているし、見積は社長じゃなくても出来る。
権限を与えた人からの報告を聞いて判断すればいい。
社長は、社長じゃなきゃダメな仕事をすればいい。
しかし、権限委譲をしたとしても部下の不始末は社長が責任を取る。
そうすることで、これから先のミナロも成長し続けるのではないかと。
過去には良いこと書いてあったんですよ、ミナログも
blogランキング

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。