エーワン精密@カンブリア宮殿

昨夜は町工場の経営者にとってちょっとしたお祭りだった。
それはテレビ東京のカンブリア宮殿に知り合いが大勢観覧に行った回の放送だったからだ。


期待通りオーディオンス席には見慣れた顔が多く座っている。
ジーズ編集長ochiさんマツイ社長も・・・
実は先週放送の山梨日立建機 雨宮清社長の回でも、ミナロのさかべとたかはしがオーディオンス席で映っている。
その前のCoCo壱番屋の回ではみどりかわとエミーが、さらにその前のりそな銀行の回では、最近のカンブリア宮殿では珍しく観覧者の質問がカットされず、みどりかわの質問が放送された。(マツイさんごめんね)
このところカンブリア宮殿づくしのミナロ界隈だが、発端は好奇心旺盛なさかべが観覧しに行ったのがきっかけだ。
彼は今までに両手で足りないくらい観覧してるんでは。
カンブリア宮殿オーディエンス担当のA里さんとはつーかーらしいし。


さて、今回のゲスト (株)エーワン精密 梅原勝彦社長。 創業39年間の平均経常利益率は約40%、一度も赤字に陥ったことはないと言う創業者である。
だが、作っているモノはコレットチャック。従業員100名程度の普通の工場だ。
梅原社長の言う通り、オンリーワンではないし特別な技術でもない。
不況下でも利益を上げながら存続しているのは、当たり前のことをしているからだと。
経営としては普通ではあるがその中で特化しているのは納期。
ほとんどの製品を当日出荷で対応している。
時間にしろ、お金にしろ無駄がない。
この仕組みを作り上げるために試行錯誤して、自ら勉強して、従業員を教育して、アナログデジタルにこだわらず一番適した方法を採用しているのが、経常利益率40%に繋がっているんだと思った。
でもそれだって企業の効率を考えれば、やっぱり普通だ。


番組の中で梅原社長が大手企業に「ざまあみろ」と言っていたのだが、放送では詳細に触れられなかった。
どうしてもその前後が気になったので、Twitterで観覧者に聞いてみた。
すると、SNSにて返答をもらった。

○○があれだけ利益を出せていたのは中小企業のおかげ。
それなのに下請けに何も還元せん。
コストダウンの話しばかり。
1500億の赤字?
はっきり言ってざまぁみろってんだ。

ということらしい。
詳しくは、Kanatta!の中に書いてあるで見られる人は見て欲しい。
これを聞いたら中小町工場の人々はスカッとするに違いない。
大手に振り回されない町工場は、当たり前を普通にやっているだけだった。
エーワン精密殿を見本に国内の町工場を復活させたい。
ミナロも普通だと思ってるのよ、これでも
blogランキング

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。