iPadの筐体

立て続けに行列を作っているアップル社。
その商品iPadの筐体が削りだしで作られているという伝説めいた話を聞いた。


「iPadの初期ロットは削りだしで作られているんだって」
という書き込みをどこかで読んだことがあった。
まぁ初期ロットだし、アリかな
その時は思ったが、それにしたって全世界で月に100万台以上売れる商品だ。
削りだしで間に合うのか?とも思っていた。
そんな伝説話をMacユーザーと話していたら。
MacBook Proの筐体は削りだしですよ! と、同時に動画を見せてもらった。
それがこれ Macbook Pro ユニボディ

高精度アルミニウム ユニボティ
ひとつひとつのMacBook Proは、一枚のアルミ板から生まれます。アルミ板を一枚ずつ精密に削り出し、ユニボディの原型をつくります。つぎの工程でユニボディの形状ができ、続いて一体型のキーボードが現れます。CNC(コンピュータ数値制御)装置による削り出し工程を重ねることで、 MacBook Proのユニボディを完成させます。

正直言っておどろいた。
確かめるため、その場でMacBookを分解して見た。
やっぱり削り出しだ・・・
家電量産品、しかもパソコンが削り出しで作られていたとは。
すると、iPadの筐体が削り出しだって言うのもうなずける。
もしかして初期ロットだけではなく、全数削り出しなのか?
ひょっとするとiPhoneも削りだしなのか? とも思えてきた。
だとすると、これはもう試作品、量産品の区別がつかない。
今までの常識では、量産品は型で作る物。
削り出しはあくまで試作品、だった。
知らないうちに、モノの作り方がどんどん変わっていく。
うかうかしていたら置いて行かれる。
メインの筐体に型不要となったら金型屋がヒマなのも当たり前だ・・・


そこで提案。
金型屋、木型屋問わず、削り出しで商品化する道を探してはどうだろ?
たぶんこの先、型不要なモノ作りが増えてくる。
でも、使う機械と材料は一緒だ。
試作品、量産品の区別をしないモノ作りって古いようでどこか新鮮。
単品、数モノ、数にとらわれず柔軟に対応出来れば、仕事はまだまだあると思う。
だれかiPhone4分解して!
blogランキング

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。