日本の将来

2chVIP板で見つけた、1952年産まれで学生運動やってた元過激派左翼のスレ。


学生運動やってた元過激派左翼の団塊だけど質問ある?
にあった質問と、返答の一部。

97 今の日本はすごくやばいと思うけどどうしたらこの国は復活できると思います?
>>97
個人的な見解だけど、日本という国は、昔も今も良質な無名の日本人、一般市民が支えてきた国だと思う。
明治維新は、時の権力を掌握していた幕府ではなく、地方の無名の志士たちが起こした。戦時中日本を支えた現在の財閥だって、江戸時代の一般の商人が礎を築いた。
戦後日本経済を支えた会社、例えばソニーにせよパナソニックにせよホンダにせよ元は無名の日本人が作った町工場。
だれか偉い政治家とかがトップダウンでそういうものをつくったわけではなく、ボトムアップ式で凄い人達が登場してきて日本を支えてきた。
実際、強権的なトップダウンを敷いた太平洋戦争期の日本軍政は悲惨な結果を招いたでしょ。
カリスマ的指導者っていうのは日本史上あまりいない。
つまり、上がダメでも下がしっかりしてるのが日本だと思ってるので、日本の将来には希望はあると思う。

1952年産まれと言うと現在58歳。
この方が学生のころは北朝鮮が楽園に見えていたらしい。
とんでもない認識だが、周りのみんながそう思えばそれが普通になっていたのだろう。
しかし、今回取り上げた回答はまっとうで正しい認識ではないだろうか。
まだ日本でも夢は見られる。
あきらめにるはもったいない。
今度、60歳前後の先輩経営者と真剣に議論したいと思っている。
今だからこそやることあるだろ、さんざん放っておいた国のために。
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックしていってください。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。