ガンダムで復興

今日の日刊工業新聞に「ガンダムで復興」という記事がデカデカとあった。
読むとガンダムは象徴であって本物は作れないと。
うむその通りだ。
だから、そういう象徴があってわかりやすい目標が技術力を上げる事になると、ミナロは10年前から言っているのさ。


G68年前ミナロは作った。1/10のガンダムを。
1800mmでそれでも当時は最大の大きさだった。
ミナロ=ガンダムの会社と呼ばれるほどだった。
その頃、群馬県でランドウォーカーという人乗り二足ロボットが作られた。
とても遊び心のある工場だ。
そのロボットは動くだけでなく、ガトリング砲でタマを撃てた。
あちこちのTV番組で取り上げられていた。キムタクも操縦していた。
そのランドウォーカーの登場で、いよいよ人乗り二足ロボットの時代か、と思ったがなかなか進まない。
一応一機3000万円でセコムが買ったのだっけかな。
その時思った。
ランドウォーカーはすごい面白い、でもイマイチ普及しないのはライバルが居ないからだ!と。当時ミナロのある工業団地では本気でランドウォーカーの対抗ロボットを作ろうという計画していた。
しかし残念ながらその計画は流れた。
あるTV番組出演のためコアとなる工場がそれどころじゃなくなってしまったのだ。
それ以降二足ロボット製作熱は冷めてしまった・・・
ランドウォーカーを作った群馬の榊原機械さん、今はキッズウォーカーという子供用も作っている。 ホント愉快な会社だ、うらやましい。
もしあのとき、ミナロもその遊びにのっていたら、今頃実用レベルの復興ロボが出来ていたかもしれない。
少なくともロボット対戦はおきていただろう。
ミナロの体力を考えると、沢山の遊びを同時にすることは出来ないし、ひとつ遊んだらしばらくは稼ぎに集中しないと潰れてしまう。
それに遊びにも情熱が必要だ。 一旦冷めてしまうとなかなか燃え上がらない。
この先、ミナロが二足ロボットに携わるかどうか約束は出来ないがやりたい気持ちは常にある。
ミナロ設立からもうすぐ10年、色々考えが変わってきた。
変わったと言うより、増えて絞っての繰り返しだ。
今はまず、食べ物とエネルギーに関して世に訴える。
それが現在のミナロのテーマであり、わかりやすい目標でアナハイム計画という象徴だ。
これがうまく行けばその先を考えようと思う。
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。