どうする中小企業経営者!

昨日、神奈川県経営者福祉振興財団様主催の講演で(株)樹研工業の松浦社長の話を聞いてきた。


100万分の1グラム世界最小の歯車で有名な工場だ。
従業員100名程度の比較的大きな中小企業。
どちらかというと枠からはみ出た若者を採用し、60歳を越えてからが名人だと定年制度無し。
人件費は単なる経費ではなく、人間への投資であると。
上場を目指さず、株主には配当もない。 当然経営者にも賞与は無しだ。
この社長が凄いのは、予防できる所は徹底的に手を打っておく所だ。
宮城県石巻市にある東北工場はこのたびの震災で被害ゼロ。
設備にはアンカーボルトを打ち、棚の中は高さの合った書類しか置かない。
たったそれだけの事だが、これだけで地震の揺れによる被害が無かったのだ。
人にしても株主にしてもそうだろう。
自分がやらなくてはいけないと思った事を、株主や社内の了解を得て、なんてやっていたらスピードも遅いし、だいいちつまらない。
そうならないように、手を打っているのだ。
もうひとつ気になったのは、海外企業と日本企業の法人税の違い。
当然日本の方が高い。 場合によっては倍程も高い。
そうなれば内部留保なんて夢のまた夢。
内部留保がなければ設備だって雇用だって躊躇してしまう。
一方海外では、設備も人もどんどん増やせる。
経営をやっていく上でこの差は大きい。
日本はまだ大丈夫、なんて悠長な話はしてられないと。
しかし、そんな立派な経営者であっても、リーマンショック後2年間は赤字だったそうだ。
先期ようやく黒字復活したのだが、この震災の影響はそれに含まれていない。
今期はどうなることやらと言われていた。


さて、我々中小企業経営者はこの先どうすれば良いのだろう。
海外に打って出るのもひとつ。
自社商品を開発するのも良い。
だが、余裕がある内に準備をしておかないと、ジリ貧になってからでは出来ることではない。
現状は、そんな状態の中小企業がほとんどではないだろうか。
そしてもうひとつは、経済構造を変えることだ。
個人事業者含む中小企業数、約432.6万社。 全企業数の99.7%にもなる。
この中小企業が経済の中心であることは間違いない。
ここに関わる人達が今、舵を切らないとレミングねずみになってしまいそうな気がするのだ。
こぞって大手の生産部隊が海外に行った後でも、中小企業だけでまわせる経済を作りたい。
そのために中小企業連合を作りたいのだ。
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。