中小企業憲章

昨年6月に政府が宣言した、中小企業を後押しするという取組だ。
しかし中小企業の経営者でも知らない人の方が多いだろう。
みどりかわも最近知った。


また無駄なもの作りやがって。。。
て、思うかもしれないが、実はこれ我々の武器になる。
中小企業憲章の基本原則のなかにこうある。

中小企業が誇りを持って自立することや、地域への貢献を始め社会的課題に取り組むことを高く評価する。
家族経営の持つ意義への意識を強め、また、事業承継を円滑化する。
中小企業の声を聴き、どんな問題も中小企業の立場で考え、政策評価につなげる。
地域経済団体、取引先企業、民間金融機関、教育・研究機関や産業支援人材などの更なる理解と協力を促す。
地方自治体との連携を一層強める。
政府一体となって取り組む。

これが本当に可能なら、まっとうに経営していれば倒産する中小企業は無くなるだろう。
しかし現実は違う。
なぜか?言うまでもない。
中小企業憲章を掲げた政府が形だけ作っておしまいで、肝心の現場の経営者が知らないからだ。
しかーし、我々はもう知ってしまった。
社会の主役である中小企業を創り守り育てると政府が宣言したことを聞いちゃった。
知っただけじゃダメだ、政府も中小経営者もお互い待ちの状態ではなにも進まない。
下から突き上げる行動に移さなければ、折角の中小企業憲章がそれこそ紙くずとなる。
中小経営者のみなさん。
一度中小企業憲章に目を通してほしい。
そんで行政機関を巻き込み政府を突き上げる行動をしてはいかがだろうか。
世の中変えるには中小企業の経営者の力が必要だ。
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。