TPPでどうなるの?

近頃のニュースは震災復興を差し置いてTPPの話題ばかり。
しかし、結論が全然見えて来ない。


TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)は、簡単に言えば関税の撤廃だ。
輸入、輸出で掛かる関税を撤廃し、とてもシンプルな国際流通にするということ。
シンプルで言いじゃんと思うかもしれないが、メリットデメリットがある。
その前になぜ関税というモノがあるのかを知らないと話にならない。

関税(かんぜい)は、国内産業の保護を目的として又は財政上の理由から、輸入貨物に対して課される税金で、間接消費税に分類される

wiki
これも端的に言えば、関税で得たお金を、補助金等にあてて自国の産業を守ると言うことだ。
その補助金の最大の恩恵を受けているのが農業。
なので当然TPPには反対する、補助金が無くなったら生活が出来なくなるからね。
ちなみに、こんにゃくで1706%、米で778%の関税が掛かっているそうだ。
逆に賛成派は輸出をしている大手メーカー達。
関税が無くなれば外国で売れやすくなるのは明らかだ。
これだからTPPの結論が見つからない。


ここからはみどりかわの意見だが、まず商売の自由化は賛成だ。
能力とやる気があれば稼げる場所を作るのに反対する人はそうは居ないだろう。
しかしそれは閉ざされた空間、ひとつの国の事であって、物価の違う他国とやったらどうなるか?
当然コストの安い方ばかりが売れ、コスト高の国の製品は売れなくなる。
すると物価が平均化してくる。
上がる側はうれしいが、下がる側は厳しい。
だが数十年先を考えた場合、日本の立ち位置はどうなるのか。
今ある産業を残すと言うことは、補助金を与え続けることなのか?
こんな話がある。

日本製の絹の糸は世界的にも最高級品だ。
しかしそれを紡いでいるのはすでにご老人しか居なくなっている。
若者に継いではほしいが、補助金でやっと生活できる仕事をススメられるわけがない。
それでも、雄の蚕だけから紡いだ日本製の絹の糸は世界に通用するブランド力を持っているのだ。

このまま行けば農業と同様に、製造業でも補助金でやっと生活ができるレベルになってしまうのではないか?
そんな補助金生活に魅力を感じて参加したいという若者がいるだろうか?
だいいち関税だって補助金だって限度があるだろう。
どれを残してどれを切り捨てるかは、今の政府でできっこない。
つまり、みどりかわ結論はこうだ。
日本の生活水準が落ちるリスクは承知した上で、業界に携わる人々が責任を持って世界的に通用するモノとサービスを作り出す。
日本の食べ物だって、絹だって、鉄でも水でもなんでもまだまだ世界一流なモノがあるうちにね。
あたなのTPPについてのご意見を聞かせてください。
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。