第一回全日本製造業コマ大戦【承】

全日本製造業コマ大戦について その2。


まず肝心なのはルール作り。
素案はこんな感じ。
【勝敗】
土俵の外に出るか、先に止まってしまったら負け
2連勝した時点で試合終了
勝者は敗者のコマをもらえる(それまでの戦利品を含み総取り)
【コマの仕様】
指で回す事
φ20mm以下
材質、重量制限無し
1グループ1個まで
【土俵の仕様】
φ250mm
凹R700mm
そして、広報。
今の時代、ブログやFacebookと言ったSNSを使えば、情報発信はあっという間に出来る。
それは、報道機関へのリリースや協賛スポンサーや協力者集めも簡単になったと言うことだ。
日刊工業新聞さんや、神奈川新聞新聞さんの食い付きの良さと言ったら、一昔前の報道機関と町工場の関係からは想像できない現象だ。
そこからNHKさんのTV放映にまで繋がるんだから、もはややらない手は無いでしょ。
ルールの中で、日本古来からある遊びのベーゴマに習って、勝者は敗者のコマをもらえる事にしたのが正解だった。
その情け容赦ないルールが興味を引き、ネット上のニュースサイトや、2chにもコマ大戦の話題が載った。
参加企業、選手集めも予想以上のエントリーがあった。
当初10社も集まればと言っていたのが、トーナメントの関係で最大16チームで締切を設けたにもかかわらず、キャンセル待ちでも良いからと、申し込んでくれたチームを含め、21チームにもなってしまった。
定員オーバーのチームにはごめんなさいと言う覚悟でいたのだが、ある方の一言、
「折角おまえさんの想いに乗ってくれた町工場を切るのか?それじゃ、おかしららしくないぞ!」と言われ、ハッとする。
全日本製造業コマ大戦の目的はこうだ。
暗いニュースばかりが続き、大手はこぞって海外へシフトし、今までも厳しかった中小町工場が、よりいっそう厳しくなる中、それを打開するには、我々中小企業の経営者が動いていかない限り道は開かれないだろう。
そのためには、町工場に夢と希望を与える事。子供が将来なりたいとおもう職業にすること。現場で起こる様々なドラマを紙面に取り上げてもらうことだ。

この気持ちを、言い出しっぺのみどりかわより理解してくれての忠告だった。
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。