参院選投票率52.61% 戦後3番目の低さ

「参院選投票率52.61% 戦後3番目の低さ」
今回の投票結果のニュースのみだし。
これは低い。
これで民意が反映されるのかどうか不安だ。
と、毎回そういう話になるのだけど、
一向に改善されない。
ならば、
投票率を高くするにはどうする?
民意を反映するにはどうする?
これを考えなくちゃダメだ。


個人的な一案だが、
1.投票率を高くするには
小中高から投票の経験をさせる
選挙権を持つ親の世代が、選挙に興味がないのでは話にならない。
そこで、授業一環で、選挙日前の平日に実在する立候補議員の名前で投票する。
効果としては、
選挙にたいする習慣付け
12年間授業として取り組めば、イヤでもクセになるだろう。
卒業後に選挙権を持つのが喜びとなるかもしれない。
親世代への突き上げ
当然子どもは政治の知識が無いので、先生や家族にたずねることになる。
その回答をするためには、親世代も情報を仕入れる。
各政党、候補者の言葉遣い
小中学生にもわかる文章で書かないと投票されないので、
今の結局なんだかよく分からない言葉遣いが敬遠される。
2.民意を反映するには
選挙だけで民意を反映させるのは無理。
選挙期間ではなく平時にでも政権与党に対して物言える団体の構築が必要だ。
政党ではないが政府が無視できない経団連のように。
しかし、大手企業の集まりではなく、企業数で99%以上、雇用で約7割を受け持つ中小企業小規模事業者の言うことこそが民意だとおもう。
そこで、全国にある中小企業団体の意見をまとめ、ひとつの方向をさだめる。
それにより、日本国民最大の意思決定機関ができると言うこった。
なんてことを考えてるのだけど。
どう? ダメ?
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。