大手も中小も関係ない、仁義“ある”戦い

 「誰にもこびず、自由と責任を全うする生き方」こそが、中小企業家の神髄だとおかしらは思う。


 日本にはそんな“中小企業家魂”を持った経営者は少なくなってしまったのだろうか。初代にはあったかもしれないその魂も、2代目、3代目……と継承するうちに骨抜きにされてしまったのだろうか。大手企業に飼いならされ、経営や経済の勉強をしなくてよかった時代が長く続いたため、飼い主がいなくなった瞬間に困り果ててしまうというわけなのか……。
 高度成長期は確かに大手企業がいたおかげで、中小企業が成り立っていたのも事実だ。おかしらもサラリーマンの頃は、大手企業から仕事をもらうことで給料になっていた。そこについては感謝もしている。大企業で働く従業員も嫌いではない。
 しかし日本企業の99.7%は中小企業。つまり国内雇用の約7割を支えているのが中小企業だ。いつまでも困り果ててる場合じゃなかろう! 今までは下請けだった中小企業の経営者でも、これからは進んで経営や経済の勉強をし、政府や経団連にまっとうな意見が言える中小企業団体を作らなければ、いつまでたっても生かさず殺さずで搾取されるままだ。
 時とともに市場が変化し、大企業でさえ大赤字を垂れ流す時代となった。だからこそ、大企業と中小企業という区別なく、これからの日本をどうするのかを喧々諤々(けんけんがくがく)と議論すべきだと思う。
 「義理と人情、天びんに掛けりゃ、義理が重たい男の世界」と言うが……、そこには仁義があるだろう。昔「仁義なき戦い」という映画があったが、これからは日本人として、大企業と中小企業の皆で「仁義ある戦い」をしたい。
 ――なんて書いたが、やっぱり、「伊達(だて)や酔狂やん」と思われてしまうのだろうか? そんな方は心技隊まで連絡を(笑)。
 「伊達や酔狂で中小企業家を名乗れるか!」
MONOist > 中小製造業 > 心技隊流「未来を創るヒントより。
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。