幕末の獅子たち

最近、NHKの新撰組を観ているせいか、今の時代はなんて平和なのだろうと思う時がある。
もちろん平和に越した事は無い。だが、うわべだけの平和にも限界がありそうだ。
○人気ブログランキング。


第2次小泉改造内閣で誰が入閣しようがかまわないが、政治家がやるべき事を果たしているのか?
今、日本には約700兆円借金がある。
平成15年度国が使う年間の予算は81兆円。
対して税収は45兆円。
足りない36兆円分を国債を発行することにより民間より借りている。
わかりやすく言うと、年収450万円の家庭が、見栄を張り810万円も使っている。
足りない360万円を毎年どこからか借金してくる。

当然借金は利子を付けて返さなければならない、
だが元金は増える一方、利子を返すために借金をする事態に落ち込む。
この繰り返しを約30年もの間続けている。
これで良いのか? 本当に平和なのか? いずれ破綻するのは目に見えているだろう? 子供だってわかるぞ
国が借金をして、返済財源のため税金が高くなろうが、返済を減らすため国債の利回りが下がろうが、最後に泣くのは国民だ。
その税金を盗る事ばかりを考えて、自分の腹は痛めずなにをしているのだ政治家達は?
いい加減、生産性のない付加価値の付けられない政治家達は退場してもらいたい。
そんなに高いところにいないで、モノづくりの現場に降りてくれば、付加価値の付け方ぐらいは教えてあげますから。
取り返しのつく前に、日本のために切腹覚悟で挑む政治家の登場を願う。
こちらを参考にさせて頂きました。
ゴーログへおそだしトラックバック!週刊!木村剛
↓クリックして下さい励みになります。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。