テレポーテーションに成功

またDr浜田の興味深い記事を頂いた。
今度はテレポーテーションの実験に成功、実用化のメドがついた と言うのだ。
○人気ブログランキング。


概要


SF映画でおなじみのテレポーテーション(瞬間移動)に実用化のメドがたってきた。
オーストラリア国立大学の研究チームが2004年5月「量子物理学における奇跡」といわれるレーザー光線を駆使したテレポーテーションに成功したと大々的に発表したのである。
量子レベルでの物質の特性を把握することで。別の場所に同じ特性の物質を三次元で再生するという理論がベースになっている。
今のところ瞬間移動の実験に成功したのは「物質に関する情報」の段階にとどまっているが、人間の瞬間移動について聞かれたオーストラリアのラム博士は「人間の身体は数百兆の原子で構成されている。これを逐一解析し、同じ特性のものを再構築するのは容易ではない。結論として、人の瞬間移動はまだまだ先」と答えている。
この言葉の裏を返せば、将来的には決して不可能ではないということ。
量子テレポーテーションがすごいのは、情報にせよ物質にせよ、出発地点と到着地点の空間を移動することなく、瞬時に到着地点に現れるということにある。電子、イオン、原子などの量子粒子がまったく同じ特性を持っていれば、それは本質的に同じものといえる。
IBMのチャールズ・ベネット研究員は「テレポーテーション装置はファックスのようなものになる。違いは二次元の文章だけではなく三次元の物体も転送できることだ。しかもほぼそっりくという代物ではなく完全に同じコピーができあがるのである。ただ、元の物体はスキャンする過程で壊してしまうことになるだろう」という。


いかがだろう。
今はまだ量子レベルの話だが将来人間サイズの瞬間移動が可能となったら、どれだけ生活が変わるのか想像するだけでも大変だ。
日常のことであれば、通勤通学の混雑、渋滞に巻き込まれなくてすむようになり、宇宙スケールの事であれば、130億光年先の宇宙の果てが見られるかもしれない。
確実にその時は近づいている。
↓クリックして下さい励みになります。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。