それぞれの思惑

このところ工場新設に向けてあちこちと話をしに廻っている。


土地建物
近くにちょうど良い大きさの土地が売りにでていたので、現地見学、値段交渉、増改築の見積もり、銀行融資の条件などを調べている。
年間売り上げ以上の借り入れだ、貸す方も借りる方も慎重になるのは当たり前だ、自己資金を増やしてから買うのが普通だろうが、今の借地をいつまで借りられるか、ちょうど良い物件が将来にも出るか等を考えると、もし今回買わない事になっても一度本気で交渉してみるのは良い経験になると思う。
土地売買は売り方はなるべく高く、買い方はなるべく安くしたい、一生のうち何度もあることではないと思うので、慎重に事を進めたい。
プロ野球のオーナー
話変わって、プロ野球界も相変わらず大変のようで。
会社の代表が大株主でないとかっこつかないから30年以上もこうしてましたって事か?
一度上場廃止のペナルティーを受けた方がいいと思うのは、現株主以外のほとんどの人が思うことでしょう。
日テレが有価証券報告書訂正 東証、監理ポストに
球団オーナー達は、よほど株の細工が好きなんですかね、ライオンズ身売りなんて事は無いと思いますけど、追いつめられた状態では何が起こるかわかりません。
コクド社長、引責辞任へ 西武鉄道株の虚偽記載で

追記
なんとすでに売りに出てました。

西武球団売却へ・複数企業に打診、コクド抜本リストラ

産業再生機構入りなのに球団単独保有を主張していたダイエー本社がやっとあきらめたようです、意外と早い決断ですかね。もっとだだこねると思っていました。
ダイエー売却ならソフトバンク“最有力”
信憑性は低いですが決してあり得ないことではないでしょう、毎年大赤字で選手にもそっぽ向かれたら誰だってサジを投げたくなる、暴挙にでないことを祈るしかないです。
宮内オーナー経営放棄も
このニュースや自分の周りで考えると、濁った水の汚れが沈殿してだんだん透明になって、見通しがよくなってくる感覚です。
1日1回のクリックにご協力を。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。