技術連携コンソーシアム

ヨコハマ技術連携コンソーシアムの第5回技術交流会があった。


今回は「中小製造業の技術PR、商品・部品の販促に役立つ情報発信」の基調講演を、カワムラPCサービス代表 川村裕之氏から聞くことができた。
講演テーマの案内は以下の通りだった。

商品や部品の販促、技術のPRなど、情報発信の重要性が高まっている。敏腕営業マンになりかわり中小企業が知名度やブランド力に頼らずとも売上増をもたらす情報発信の方法とはどのようなものなのか。
・ホームページ作成会社に見栄えのいいページを作ってもらったが売上に結びつかない
・メルマガの購読者は多いのに注文・問い合わせが来ない
・ショッピングカートを導入したのに注文が来ない
・SEOを専門家に依頼し、検索順位が上がったのに注文・問い合わせが来ない
 講師の川村氏はこうした課題を持つ中小企業や町工場に等身大の立場からサポートし、成果を上げている。ということで、ホームページを中心として儲けに繋がる情報発信のポイントを講演していただきます。               

このコンソーシアムに参加している企業のほとんどが以下の3つにあてはまる。
1.未だにホームページを持っていない。
2.B to C タイプの企業では無い。
3.メルマガやブログと言った言葉さえも知らない。
この事を踏まえて実際の講演を聴いて感じたことは、話を理解できた人がどれだけいるだろうかと言うことだ。
また、参加者の中には、BtoCとBtoBでのやり方の違いを聞きたかった人も多いようだったが、やり方は同じと言う答えだけで終わってしまったのはすこし物足りなかったようだ。
全体的な雰囲気は、これからの営業にはホームページが不可欠だと言うことを知らしめる成功事例や使い方を、ホームページ制作ノウハウより先に知りたかったのではないだろうか。
時間的な制限があるためにすべてを伝えることは無理なので仕方のない部分だろうが、主催者側からの情報提供が足りなかったのではないかと感じた。
川村氏の演説の後、ホームーページを使った営業をしている企業の方達がパネラーとしてディスカッションを行った。
各社が実際にホームページをいかなる考えで使っているのかが聞けて参考になった。
まだまだ、製造業のホームページ活用率は低い、ベースとなる知識にも格差がある。
このあたりを底上げし、ホームページを持たざるリスクを感じてもらうのがこれからの課題ではないだろうか。
このコンソーシアムの専門部会である2.5次産業部会でこの続きをやりたいと思う。
参加者のレベルがそろった状態で、もう一度川村氏の話が聞ければ非常に有意義な部会になると感じている。
1日1回のクリックにご協力を。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。