見積書に期待するもの

見積もりの依頼主に「予算はどのくらいですか?」と聞くと、決まっていないので見積が欲しいと言われる。
しかし見積書を提出した時点で「高いな、予算越えちゃうよ」と言われる事は無いだろうか?


どういうワケだか、発注担当者は予算を言いたがらない。
予算が決まっているのは分かっていても、「とりあえず見積出して」と言ってくる場合がある。
何に期待しているのだろうか。
予算より安く出てきた場合には余分を何に使おうか考えているとは思わないが、ほとんどの場合予算を超えた見積が出てくる事になる。
売り手と買い手の相反する相場感のなかで、買い手が希望する金額より安く売りたがる人は間違っても居ない。
(すこし前に間違って0の数を減らして見積もりした業者が入札禁止になったという話がありましたが・・・)
昔々、見積自体にもお金を払っていた時代ならいざ知らず、今の経済はそう言う状況なのは言うまでもなく分かっているだろうに、それでも何かを期待して見積を出してと言ってくる。
発注者側がまったく知らない、経験無い世界に注文をするなら仕方のない話だが、毎度毎度同じようなモノの見積を出し「高いね~、安くしてよ」と言われるのにはうんざりする。
見積というのはあくまでもこちらの希望であって、ネゴ出来ないモノでもない。
しかしだ、下請に向かって「安くしろ~」と言うのと同じに、元請けに向かっても「この値段が適正です」と言って欲しい。
と言うより、金の流れで言えば上流に向かって提出するのが見積書、せっかく作った見積書をさらなる逆流で洗い流すような振る舞いはして欲しくないし、本来の見積書の使い方では無い。
ミナロでも見積を取る事があるが、ほとんどの場合予算を先に伝え、出来るか出来ないかの判断をして貰う。
満面の笑みで「出来ます」と言われても、もっとマケてなんて事は言わない。
「出来ない」と言われたら、幾らなら出来るかを聞き、上流と交渉しその金額をもらえるまでは仕事にしない。
昔風に言えば「男に二言はない」という事だろうか。
製造業のほとんどが下請なのはどうする事も出来ない現実。
その中で少しでもイヤな思いをする事、させる事は減らしたい、気分が良い方が出来上がる製品も良品ですから。
製造業のブログは少ないですね。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

この投稿はコメントできません。