経産省でも役人らしからず

経済産業省の方が来社された。
思っていたほど役所的な人ではなかった。


ミナロに来社された理由は、経済産業省が計画している産業クラスター(産業集積)を進める上で、地域のキーマンとなりえる人をピックアップする事がその理由。
特に関東経済産業局では、京浜工業地帯の潜在的な技術力に目を向け、世界的にも通じる技術開発をここから作り出したいと考えているそうだ。
今回は横浜市経済局からの紹介を受け、膝を交える事になったのたが、ひと通りミナロのおいたちと会社説明をした後に、じゃあ具体的に何をしてくれるのですか?と聞いてみた。
回答は「見込みのある企業や人物には、人、金、情報の面倒をみるから役所も仲間に入れて」と言う感じだった。
この事は決して悪いことではない、むしろ歓迎だ。
役所は手柄を、企業は技術を得られる。
逆にミナロが、みどりかわがその対象として役に立つかどうかは疑問だが。
興味深いのは、話より人物だった。
女性の課長さんなのだが、初対面だろうが相手が誰だろうが、言いたいこと聞きたいことはズバズバ言うタイプ。
横浜市経済局のY氏みたいに。(今回もY氏に紹介して頂き実現した事、過去の記事やメルマガでも活躍ぶりを書かせて頂いています)
どうやらこの二人は馬が合うらしい、初対面のはずなのに十年来の仲のように話している。
でも、こういう人のほうが話をしやすい。
役所的、事務的な対応されると虫唾が走る。
なので当然みどりかわのトークにも力がこもる(笑
時間的には2時間弱の話し合いだったのだが、あっという間に感じた。
それだけ面白かったと言うことだ。
そしてこの先、ミナロがやりたいこと、今町工場が感じていること伝えて、経済産業省ではどの様なサポートを提供してくれるのかを宿題として持って帰ってもらった。
近いうちに回答を頂けるだろう、そのときにまた記事にしたいと思う。
このブログも読んでいただけると言うことなので、コメントを頂けるのを楽しみにしている。
切込隊長殿へトラックバック
ミナログが経済産業省公認ブログ??

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。