いま思うこと

3期目の半分がだいぶ過ぎたところで、いま思うことつらつらと書いてみる。


今年に入ってかなり稼働が高くなっている。
忙しい事は良いことなのだが、やるはずだった事が後回しになるのは気持ちが悪い。
注文を頂いた仕事が優先になるのは仕方がない、納期が必ず決まっているから。
それに対し、自分達の予定は納期が決まっていない分後回しだ。
この稼働の高い状態が夏までは続く様だ。
いくら忙しいとはいえ仕事には「あいま」は必ずあるのだが、「あいま」を待ってちびちび進める作業が苦手なのがいけない。
心に余裕が無い状態ですこしの「あいま」が出来たとしても、結局まとまらず考えるだけで終わってしまう。
するとまた気持ちが悪い。
今はこの高波が去るのを待つしかないのだろか。
それともこの波の上を持続して滑り続ける体制にした方が良いのだろうか。
業務に追われて時間をうまく使えない事に苛立つ。
会社は思った方向に進んでいるのか?
売り上げだけを考えれば成長しているだろう、しかしやっていて面白くないことも多くなってきた。
今まではガムシャラにやってきた、「早く軌道に乗せるんだ」とか「客先を増やすんだ」など目的があったからどんな仕事でも頑張れた。
だが、目的が達成できると「次なにすればいいのさ?」となる。
やりたいことはあるのだが日々に流される始末。
で、結局なにも出来ない。
ブログで愚痴をこぼす。(読んでくれている方には申し訳ないです)
仕事が大事なのはわかってる。
信用してくれるお客さんが増えれば責任も重くなる。
でも、やりがいを求めてもいいですよね。
こんな事がしたいんだ~ こんなモノが作りたいんだ~ とか。
仕事=お金 じゃない。
仕事=やりがい にしたい。

とりとめもない話に最後までつき合って頂いて感謝です。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。