製造業ブログの行き先

製造業でブログをやられている方は、まだまだ少ないが着実に増えている。


右帯のがんばる製造業へも20社弱のリンク先が登録できた。
今後、新規でブログをやられる製造業の方は益々増えるだろう。
反面、更新されずに放置されてしまうブログも少なからず出てくる。
そこで、折角始めたブログをいかに永く書き続けるかを考えてみたい。
ブログはどうしても日記的役割が大きいが、日記を付ける習慣がない人にとっては、いずれ飽きがくる。
コメントやトラックバックがもらえれば、その返事やトラックバック先の相手ブログを見てコメントしなくてはいけないという気になる事で、続くことも出来るだろう。
だが、やはりきっかけは頻繁に日記を更新していない限り、コメント、トラックバックをもらえることも無くなってしまう。
少しホームページの話をしてみる。
製造業でホームページを持っている方は多い。当然その数はブログ以上だ。
仕事に結びつけたホームページの場合、そのホームページがある理由は、自社の仕事を紹介するためだ。
ほとんどが、当社で扱っているモノや作れるモノ、自慢の技術や、製品を画像と文章でで紹介する作りになっている。
それらは日記では無いので毎日更新する必要はないが、頻度は少ないモノの全く更新がないわけでは無い。
また、製品や商品に対してお客さんからの感謝メールを頂いたりする事もあるだろう。
その紹介は「お客様からの感謝文」や「ユーザーの声」と言った形で、コンテンツを作っていると思う。
この部分をブログに受け持たせてみてはどうかと考えている。
1.自社の製品や技術の紹介をたまに更新する。
2.その紹介に対して、コメントやトラックバックで感想を頂く。

過去に作ったモノや今日作ったモノ、写真があればそれを徐々に更新して行けば良い。
コメントには、実際のユーザー以外からのコメントもつく。同業者からのアドバイスだったり、購入予備軍からの質問だったり。
それらひとつひとつコメントがその紹介した製品の完成度を上げてくれる。
ニーズをブログで吸い上げて、自社の技術としてさらに上を目指し、ニーズにマッチしたモノが出来れば、最終的には、ユーザー参加型のものづくりに繋がるのではないかと思う。
まだまだブログの使い方には迷うところが多いが、将来的な集客や創造を見つけて行くには、いまがんばっている製造業ブロガーが道筋を立てていかなければならない。
折角始めたブログを苦痛に思わず有効に使える方法は必ずあると思っている。
もちろん日記を書くのが苦手でなければ両方やってしまえ!(笑

参考 ユーザー参加型の製品開発の時代へ

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。