行政への愛見積

昨日は神奈川県の産業技術総合研究所(産総研)の方達が来社された。


目的は技者王国の実体調査と産総研の宣伝。
技者王国の神奈川新聞に載った記事が、産総研の内部で回覧されたということで、記事をもとにミナロサイトの広報から、神奈川新聞以外にも、毎日新聞と日経新聞に取り上げられていたことを知り「我々が(技者王国を)知るのが遅すぎました」と言われていた。
まずは、こちらより技者王国が作られた背景を述べた。
約700社も集まっている金沢産業団地にポータルサイトを作ってほしいと、5~6年前からさんざん言っているのだが、「予算がない」「人が居ない」とのいかにも役所らしい理由で今までほったらかされていた。
前会社をリストラされて、経営者となった今、やりたいこと、やるべき事が自由に出来るようになった。
そこで、有志を募り、金沢産業団地のポータルサイトを手弁当で作ってしまえ!という事で立ち上がった。
行政がどうしても後追いなのは仕方がない。
今では、「予算がない」「人が居ない」と言っていた人たちも、ITの事は「ミナロへ任せた」と言ってくれている。
ミナロと技者王国の目指すところは。

  1. 約700社もある企業間の商取引
  2. 技術の伝承
  3. 企業数を生かした新しいものづくり

この様なところだ。


一方産総研側の宣伝は、

  1. 技術支援
  2. 研究開発
  3. 人材育成
  4. 情報・技術交流

これら産総研が提供している4本柱のサービスを利用して欲しいとの事。
確かに産総研はすばらしい建物と設備が整っている。
何年も前に見学へ行ったことがあるが「これが全部税金か・・・」とため息が出来るほど贅沢に装飾された建物だった。
知り合いの会社でも産総研を利用し、パンフに開発事例として載っている所もある。
だが、ミナロではすぐには利用できるモノが見あたらない。
産総研は県の施設だ。
県では他にも、財団法人神奈川中小企業センターという団体もある。産総研とは繋がりも深いらしい。
特許の取り方ではお世話になったところが入っているビルの所有団体らしい。
ここでは、補助金や融資についての制度も実施している。
実はミナロで買ったマシニングセンターはここから融資を受けた資金で買ったものだ。
そこで、今後ミナロや技者王国大きくなっていくためには、補助金や融資、または出資を受けることを目的としたつき合い、情報交換の場となって欲しいと願っている。
横浜市からの補助金もすでにもらっている。
神奈川県からの融資も受けている。
経済産業省からもミナロへ来て情報交換をしてくれている。
これからは、行政間でも愛の見積合戦をしてもらおうか。
一番良い条件の所から、融資を受けますとかね。
民間の厳しさを少しはわかって(笑

産総研のホームページはこちら

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。