給料を考える

あなたの年収はいくらにしたいですか?


一般的な会社には、残業代という手当がある。
定時間外に仕事をした場合、支払う給料だ。
しかしこの残業代が会社の財務を圧迫する場合が多い。
例えば、作業で何度も何度も失敗し、夜中や休日まで手直しして、挙げ句の果てには納品出来ませんでした!という状況になったらどうだろう。
タイムカードには残業時間として記載されている、会社とては手当を余計に払わなければならないが、納品出来ずに利益どころか売上ゼロ。
ここまで極端な事はないとしても、近い状況に陥る事はある。
ただでさえ薄利の仕事が、一気に大赤字だ。
従業員としてはどうだろう。
手当が増える事はうれしいが、本当は残業に付けてはマズイだろうな~と思っている。
もらう側は間違いなく負い目を感じている。
感じていないとしたら、相当な理由がある。
だが残業代は支払われてしまう。その理由は。
1.必要な残業なのか、ムダな残業なのか線引き出来ないため。
2.従業員から「もらわなくてもいいです」と進言がないため。
3.昔からの習慣だから。
4.労働基準に沿っている。
この4つの理由で会社の台所事情が苦しくなる。
これらを見直す方法の1つに、年俸制の採用がある。
ここで述べる年俸制とは、厳密に言えば法律上の年俸制とは違うのだが、年間に払う最低金額を前もって提示すると言う事で、年俸制と言っている。
給料は利益の分配という基本的な事を前提に、毎月会社から支払える給与額を決める。
年間の最低売上月の額から、経費と固定費を引いた残りを頭割りにした額となる。
これにより会社は赤字がなくなり、他の11ヶ月は利益が残る
そして11ヶ月で貯まった利益を、ボーナス一時金として分配する。
言い換えれば、年間の残業代を一気に支払うといった感じに近い。
こうする事で、必要な残業と不要な残業で支払う割合が平均化される、従業員が感じる負い目も薄れる。
払う側も貰う側も気分よくなれる。
しかし、昔からの習慣をリセットできない体質、労働基準局の労働者を守つもりが企業を潰す政策等で、改革できない場合も多い。
中小零細の会社は誰のためにあるのか。
株式公開した会社なら労働基準局の監視もきついだろうが、中小零細の我々が生き残るためには、現場を知らない机上論者が決めたルールに従う余裕はない。
あたかも正しい事と信じられてきた、経済成長期に作られた習慣、官の政策、これらは給料は利益の分配という基本的なところさえも台無しにしている。
経営者も労働者も会社で働く事には変わりはない。
お互いが成長し維持していくためには、もっと頭を使い、行動に起こし、時にはぶち壊す事もしなければダメだ。
年収を増やすのは一人の力じゃ無い

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。