Born to run

ミナロは3年前の8月20日に創業開始。
その間様々な事がっあた。


いきなり言われた廃業宣言、起業か就職か迷った結果は新会社設立。
真夏の暑い中、一ヶ月という短期間で法人登記し、工場をかまえた。
最初にもらった仕事は装置の修理、\5,000-だった。
しばらくは仕事が薄い、売上も少なく、数ヶ月は給料無しだ。
それでも初めて迎えた正月には、休みが取れないほど仕事をした。
原因は、慣れない金属加工の為、やり直しの連続だった。
結果は赤字にはなったものの、技術と自信を手にした。
それから徐々に仕事が増えだした、口コミとネットからの受注だった。
ゴールデンウィークも夏休みも無く、依頼された仕事をこなしていく。
一期目で黒字が出た、最初に無給で働いた効果だった。
二期目も取引先は増え続けた、ケミカルウッドの売れ行きも右肩上がりだ。
税金対策を考えなければならない状態まで成長した。
その頃から近い立場の人たちが集まりだした、魁☆小出塾の設立だ。
勉強会や工場見学といった建前の人脈形成の場だった。
今では魁☆小出塾で知り合った輪の中で仕事のやりとりもされている。
三期目の真ん中でミナロの社員が増えた。
給料を払えるか心配だったが、結果は一人増えた時点から売上が上がっていた。
三期目の納税額は新車が買えるほどにまでなっていた。
もったいないとは思うが、会社にお金を残すためには税金の払いも必要だ。
期の始めにたてた「利益を伸ばす、人員を増加する」の目標は達成できた。
すでに四期目は始まっている、数ヶ月先までの行動予定も決まっている。
「人と設備を増やし、社内社外問わず関わる人全員に利益をもたらす」
今期はこれを目標に決めた。
8月20日はミナロの誕生日、歳で言えばまだ3歳だ。
こんな幼い会社でも、色々な人が気に掛けてくれる、非常にありがたい。
気に掛けてもらっていたから成長できたと言っても良い、心から感謝する。
これから先は、気に掛けてあげられる側になっていきたい。
景気が良くなりつつある、一部では過去最高の利益、ボーナス満額だ。
しかしほとんどが企業優先の考え方だ、ますますリストラや退職者は増えるだろう。
作るモノが増えない限り、一部の人たちにしか利益は分配されない。
日本の製造業と技術を守り、発展させていくために何をすれば良いかを考える。
その答えをみつけるために、ミナロはこれからも走り続ける。
Born to run
*走るために産まれてきたのか、産まれたときから走っているのか・・・
田口トモロヲ風に読んでね。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。