ミナログの仕掛け

中小企業ウェブマーケティング研究会様で、
ミナログ「製造業社長の逆襲」(お手本企業ブログ)として取り上げて頂いた。


その中で、

ブログのURLはhttp://minaro.cocolog-nifty.com/。
サイトのURLはhttps://www.minaro.com/。サーバーは別なはずです。
どうしたら、こんなことができるのでしょう?
なぜ入口を二つにするのでしょう?
皆さんも考えてみてください。

と質問が投げかけられているので、ミナロの出した答えを書こうと思う。
>どうしたら、こんなことができるのでしょう?
ブログのデザインにはCSS(スタイルシート)が使われている。
そのCSSをホームページでも使えば、見た目はまったく同じサイトが出来る。
CSSが良い面は、検索エンジンで使われているクローラー(検索ロボット)と相性がいい事。
<h1><strong><a>等のタグをうまく使う事がSEO対策として有効だ。
ブログが検索エンジンに掛かりやすいのがうなずける。
>なぜ入口を二つにするのでしょう?
リンクを貼られる場合、どのページに貼られるかはこちらでは選べない。
注記したとしても同じ事だ、人間には通じてもクローラーには効かない。
現在はホームページよりブログの方が5倍以上のアクセス数があるため、ホームページだけを入り口にした場合、オポチュニティーロス(機会損失)が起こりえる。
仕事ブログの場合、ホームページの内容とブログの内容がかぶる事はよくある事だ。
もしもブログの方が先に検索された場合、ホームページへ誘導できる事が重要になる。
同一デザインにする事で、どこがトップページを気にすることなく、見たいページを見て頂ける。
シームレスな見た目が読む側にとっての紛らわしさを低減できる。
CMS(コンテンツマネジメントシステム)の様々な定義のうち、見た目の統一感で誘導性の向上といった感じだろうか。
1.CSSをつかうことによりデザインを統一できる、デザインの更新が楽になる。
2.見た目の統一感を保つ事でシームレスなページ間移動をしてもらう。
3.タグを選び、検索エンジンに掛かりやすくする。
この3つがミナロのサイト及びブログで行った事だ。
最近はXoops(ズープス)というCMSがフリーソフトで出ているが、そちらでも同じような事が出来る。
ブログとホームページの管理で悩んでいる方に参考にして頂けるとうれしい。
そろそろデザイン変更しましょうかね。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。