ミナロスタッフ増員

来月11月よりミナロのスタッフが増える。
そのS田君より決意表明を頂いたのでアップする。
(決意表明を書いてもらうのがミナロへの就職試験なんです。)


まずは経緯から。
勤務している会社が廃業することが今年の6月に決定しました。
長くても来年の6月決算期までだそうです。
この業界には約8年間勤めましたが、その間取引先の倒産やそれに関する事情や結果などを人聞きに入手すると、かなり厳しい状態です。
30歳の時に拾ってもらった会社なので最後の勤務場所のつもりでしたが残念です。
でも、業務停止までは時間がかなりあるので恵まれてはいるでしょう。
行き詰まって倒産するよりは 良い決断だと思います。
土地、建物は会社所有なので、他社に吸収してもらうかを検討もしているらしいです。
年配の方の再就職は難しいですからね、上手くまとまると良いのですが。
そんなワケで6月から情報誌やネット上で探したのですが、39歳で再就職はかなり御寒い状況です。
年齢制限はギリギリでも未経験では駄目そうです。
リストラされて自殺してしまうおじさん達の気持ちも理解してしまいます。
そこで今までの主だった経験職は、自動車部品加工、木型製作、現在職から探すしかないのですが、現在職からは無理そうなので、次に近いのは木型関連になります。
実は8年前までミナロの前身の木型製作所に勤務してました。
退職した会社なので遠縁になってましたが、ミナロ立ち上がってしてしばらくしてから顔を出しました。
その時、みどりかわ社長からは”経験者求む!”て話もありましたが、当時の家庭の状況からは転職は考えられませんでした。
その後ミナロへは、たまに趣味の製作物を加工するため機械を借りに行ってました。
冗談交じりに「今の会社はちと厳しい状況、もしかしたら・・・」と言うと「その時は相談して」とみどりかわ社長から言われました。
本当に「もしかしたら・・・」の現状になりまして、今年の7月に相談したところ、了解してもらって拾ってもらいました。
現在の職場は10月末で円満退社に出来そうなので、8年間のブランクもありますし覚えないといけない事もありますから、ミナロが土曜日に営業してる時は時間を無駄にする事無く、慣れるため自主的に勉強しに行ってます。
当時木型屋勤め時には、CADが未経験だったのでそちらをメインにマニュアル片手に黙々と勉強中です。
ミナロは今まで自分が出入りして見た所、治具、木型、試作品が主な製品ですね。
しかしながらWEB販売も行っており”ML Flasher”などのオリジナル商品も販売しています。
実のところ”ケミカルウッド”販売が好評なのが驚きました。
土曜日に勉強行くと注文を受けたケミカルウッドが発送待ちで積んでありますし。
インターネットでこの素材を知らないユーザーに情報を発信してきた結果でしょう。
特に個人向けに価格的に購入しやすくカットしての販売が◎です。
企業等だけでなく、個人にも”ミナロ”を知ってもらう良い窓口になっていると思います。
自分なりに、これからミナロに期待することは、自社で販売出来るさらなるオリジナル商品の開発です。
それには、みどりかわ社長&社員&協力会社との連携が大切です、自分もミナロへ入社して仲間に入りたいです。
でも、まだ仕事覚える立場なのにそれどころじゃないかな?
将来的には”ミナロ”ブランドの商品をさらにWEB販売出来るように一緒に頑張りたいと思います。
ミナロ入社希望者の最大難関、ホームページにあるQ&Aに、【採用条件】”稼げるようになるまでは無給で頑張れる人”とありますが、どこの会社にもある試用期間みたいな事と思ってます。
逆に言えば稼げれば沢山給料は出るのですから前向きにいきます。
経験者ではありますが、昔の事なので未経験者と同様ですのでよろしくお願いします。


と、このように決意表明を頂いた。
一生居たくとも会社が無くなってしまうリスク。
このピンチは我々も3年前に味わった、気持ちは痛いほどわかる。
製造業での再就職はまだまだ厳しいし、製造業で起業しようなんて皆無に近い。
これからは、ピンチを経験したミナロスタッフと共にチャンスへ変えていって欲しい。
経験者とはいえブランクがあると、最初は金銭、精神面で厳しい状況が続くと思うが、あきらめなければ必ずいい事が待っている。
これでミナロは6人体制となる、3人で始めた3年前から比べると倍の人員となる。
しかしまだまだ、ひとりのひとりの責任は大きく重い。
逆に言えば会社、組織(特にミナロ)は、いい方向に持っていくのも自分達次第だと言う事を理解して努めて欲しい。
恒例になった決意表明採用試験は見事合格だ。
そろそろミナロも変革の時期です

以前に決意表明を書いてもらったスタッフは、こちら アニキ と すぎもと@ミナロ

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。