怒濤の作業要請

今日もすごかった。


128-2875_IMG
ロンドンのデザイナー、クリスピンジョーンズ氏が手がけている、エレクトロニック・ファンタジスタに展示される作品が、公開前日だというのに材料の切り出しが終わっていない。
そこでミナロの木工機を使いに来た。
しかし素人が使うにはちょっと危ない。
実際に切り出しにあたったのは、みどりかわとアニキだった。
一部で盛り上がっているTV番組の出演依頼を断って社内で作業。
その間にも、いつも治具製作を頂いているお客さんから「工具が折れちゃったんです、助けて~」の電話。
普段ならミナロで切削加工するのだが、加工機がパツンパツンの状態につきお客さん自ら切削加工していた。
その素材がガラスエポキシ積層板につき、超硬ボールエンドミルで無ければ使えない。
しかし超硬ボールエンドミルの在庫をしているところが近所にはなく、ミナロの在庫品を貸してあげた。
128-2872_IMG
午前中、協力会社に加工をお願いしていた、お菓子の型が出来上がってきた。
非常にうまくできている。
これならお客さんも喜んでくれるだろう。
先日ミナロで加工し納品した、宇宙で使われる機械のカットモデルの評判が良かった。
「もう一台同じモノをお願いするかも」と電話を頂いた。
夕方には、上得意のお客さんより特急の仕事が舞い込む。
利益率のもっとも良いお客さんの仕事は断る事は出来ない。
来週の予定を見直さなくては。
週末はクリスピンジョーンズ氏がデザインした別のタブレットPCのモックアップの納品だ。
今晩から加工が始まる、明日、明後日はその仕上げで夜明かしになりそうな勢い。
モックの出来は後日報告します。
いつまで続くのか、この状況は

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。