株取引のエラー

ジェイコム株をみずほ証券が誤発注した件について思うこと。


先日12月8日に、みずほ証券がジェイコム株を、61万円で1株売りのところを、1円で61万株売りとしてしまった。
単純な入力ミスだった。
株取引には一日に上下出る値幅制限というモノがある。
この日のジェイコム株の初値は67.2万円、下限は-10万円の57.2万円、ストップ安と言うヤツだ。
つまり1円で売りたくても、この日は57.2万円以下では売れない。
さらには発行株数14500株しかないのに61万株の売買注文が通ってしまった。
東証に対し値幅制限も発行株数も無視した売買注文が出せてしまうのは、証券会社ならではの特別扱いだ。
もう一つの問題が入力ミスを訂正できなかったことである。
みずほ証券では誤発注に気づき、1分25秒後に4回取り消しを行ったそうだ。
しかし東証のシステムエラーで取り消しが出来ず、みずほ証券は間違って売ってしまった株を買い戻すという行動にでた。
いったんストップ安の57.2万円になった株価は、買い戻しのため急上昇。
13分後今度はストップ高の77.2万円までになった。
ザラ場を見ていた人は気が付いていた、これは誤発注だということを。
個人投資家、機関投資家問わずにこのミスに便乗した。
共同通信の記事より

みずほ証券の発注ミスに付け込む形で、多額の利益を得たことに対しては、与謝野馨金融担当相や自民党から批判的な意見が出ており、こうした声に配慮することにしたとみられる。
 全額返還するのは、UBS、日興コーディアルグループ、モルガン・スタンレー・ジャパン、リーマン・ブラザーズ証券グループ、クレディ・スイス・ファースト・ボストン証券、野村証券の6社。

東証は11月1日にもシステムダウンで市場を混乱させている。
システムを作ったのは富士通なのだが検収をしてしまった以上、責任の所在は東証だと言うことはビジネスでは当たり前である。
1997年にあったシステムダウンの時も、当時のシステム担当日立製作所への損害賠償請求は出来なかった。
みずほ証券は同業他社の恩赦もあり、被害は最小限に。
鼻の良い個人投資家とネット証券会社は儲かったカッコだ。
そして自身の上場を棚上げされそうな東証は、政府からも市場からも外注先からも見放されどうなるのか。
最後にババを引かされるのは一体だれなのか・・・
人の金で金を生む行為は必要最小限にしたほうがいい。
そのうち自分で自分のケツが拭けなくなるぞ。
モノを作って売る、やっぱりこれがイイってば

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。