ライブドア事件

この件はすでに過食気味の人も多いだろうから、ほんの少しだけ触れておく。


今回の堀江社長逮捕で業務提携していたはずのフジテレビでさえ、賠償請求をすると言いだした。
あのとき交わした業務提携ってこんなもんだったのか~、と残念な気持ちだ。
結局表面だけ取り繕った手打ちだった、シャンシャンとね。
他の提携先もこれを機に解消するといっている。
犯罪者に手をさしのべる事はしないというのはごもっとも。
しかし身内がしでかしたミスによる混乱は、本人に変わってでも原状回復しなくてはならないという気にはならないのか。
少なくとも我々中小零細企業の繋がりでは、仲間が困っていたら助ける。
直接助けられる状況ではなくても、なんらかの頼りを渡す。
表面上だけの提携なんて何の役に立つというんだ。
つづく・・・

ここらかは少しうがったみかたをしてみる。
興味のあるかただけ読んでください。
ライブドアの株価がここまで落ちると、今までとは逆に、買収の標的となる。
M&Aを繰り返し、今風の乗っ取り屋とまで言われたライブドアが買収したグループ会社の中には、業績の良い企業もある。
その銘柄が格安で手にはいるのだ、投資会社がほっとくわけない。
そろそろ売買成立しても良さそうな株式市場では、明日はライブドア株のみ特別に後場だけの取引にするそうだ。
もしライブドア株の売買が再開したら、取引数がハンパじゃなくなる。
それを考慮しての措置である。
ということは市場の見方は、明日からライブドア株の売買が成立する。
明日のストップ安は126円、きっと間近で寄りつき、ストップ高まで一気に昇るだろう。
そこで再びフジテレビの出番だ。
もしフジテレビが寄りつきで3億株を買うことが出来れば、ライブドアの40%以上の株を手に出来、実質ライブドアとその子会社を支配できる。
126円の3億株は378億円だ。 フジテレビに買えない金額では無いだろう。
フジテレビの嫌いな堀江元社長ら役員を抜きにして、まるっと手にはいるのだ。
しかしフジテレビはやらないだろうな。
「業務提携先の不祥事はうちが全部面倒見る!」といってくれればカッコイイのにね。
いったいどこが買っていくのか

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。