テクニカルショウヨコハマ

2月1日から始まったテクニカルショウヨコハマ2006。
初日、朝から見学に行って来た。


去年は出展者として参加したのだが、今回はコロコロからくりで出た赤字を取り戻すため、イベント参加は見送った。(笑
気になるブースが沢山あった。
まんてんプロジェクト 宇宙関連部品の調達をするための民間企業の集団。
以前、理事の方にケミカルウッドを買っていただいた事がある。
年会費が安いため、今後ミナロも参加させていただこうか思案中。
hamawaza ヨコハマ限定車 mutettoを展示している。
市内20社以上の企業と横浜市長も巻き込み、鳴り物入りで企画されたhamawazaは、去年、パネル展示だけしかなく残念な結果だった。
今年は mutettoの実車を展示し販売予約まで受け付けている。
mutettoのグリルに着いているカモメのエンブレムの測定、CADデータ化の問い合わせがミナロへ来たこともあった。
ゼオシステム ミナロの協力会社。
ミナロで展示会用にパンフレットを作らていただいた。
最先端技術、光IDタグの実用化が始まれば急成長間違いなし。
仙北谷 マシニングによる微細加工品の展示。
わずか数ミリのヘリコプターや、顕微鏡で見ないとわからないような加工がされている。
仙北谷さんのブースを毎年楽しみしている。
昨年展示のジャンボジェットのアルミ削りだし品は160万円で、金沢産業団地内の企業が買ったらしい。
今年の目玉はヨットのアルミ削りだし品。
帆も手すりも全て削りだし、加工屋さん達には必見のブースだ。
他にも色々あったが、それはまた二日目に行くミナロスタッフからコメントがあるだろう。
今年は残念ながら、コロコロ技者リーダー、ツボ様の異業種交流YTPブースは補助金の関係で出展を見送った。
テクニカルショウヨコハマや工業技術見本市に出向くと、出店側として参加したくなる。
いつの頃からかそう思うようになってきた。
毎年大変な思いをしてブースを出している人たちの話を聞いているのに、出展していないと落ち着けない状況がなんとなくわかるようになってきた。
テクニカルショウヨコハマ2007には、技者王国かケミカルウッド壱番店で出展しようと強く思っている。
今から準備だ。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。