倒産した会社(10)

銀行との交渉。


今回の物件買い取りに際し、銀行2行へお伺いを立てた。
一行は倒産物件に根抵当をつけている信用金庫。
もう一行は政府系金融機関。
前もって信用金庫へ物件を買い取るだけの融資が受けられるかを聞いているので、ここからは金利と年数、その他の条件交渉だ。
信用金庫では、80%の融資で残りを運転資金で貸せるという。
一方政府系金融機関では、全額大丈夫と返事を頂いた。
両行とも金利はほぼ同じ0.1%程の違いだ。
物件についての融資の年数も15年以上と長期である。
現状では第一抵当、第二抵当といった複雑なやり方はしたくなかったので、どちらか一行で借りるつもりだった。
条件に差がない状態で今回の決めてとなったのは、物件の根抵当権。
すでにこの物件に根抵当をつけている信用金庫で借入を起こせば、契約まで面倒なくすすむ。
気持ち的には、よく足を運んでくれる政府系金融機関の若い行員にゴメンなさいと言うのは心苦しかったが、やむを得ない。
その変わりと言ってはナンだが、物件代金の20%にあたる運転資金を貸していただいた。


よって今回の融資総額は希望より20%も余計に借りられた。
条件的にもかなり良い、金利も年数も満足で保証協会も代表以外の保証人も無しのプロパーである。
起業3年半の弱小製造業でも本気でやれば世間に通じる。
さ~支払いが大変だっ

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。