今時の工業高校

Img_3694
先日、小田原にある城北工業高校へと行ってきた。


5月の末に臨時講師をするための下見だ。
担当先生のほか、教頭先生、校長先生にも話をさせていただいた。
講師をやるきっかけは、ミナロの広報すぎもとが、神奈川県下の工業高校へケミカルウッドのリリースをかけた際、ミナロで講師をやりますと書いちゃったのがはじまり。
担当の先生がミナロへ来社されたときに教えてもらったのだが、実は工業高校の先生達は、他の工業高校の先生達と親密に繋がっているらしい。

  • 先生A「ミナロってトコからFAX来た?」
  • 先生B「うちも来たよ、なにごと?」
  • 先生C「講師やりますって・・・」
  • 先生D「じゃとりあえずうちでやってもらおう」

たぶんこんな感じだったのだろう・・・ 汗
そして先日その工業高校に下見へ行ってきた。
とても景色の良い場所に広い敷地、たくさんの教室の中には工作機械やドラフター、パソコン。
しかしとても古い設備だ、20~30年前の機械が並んでいる。
Img_3706
Img_3709
この配電盤なんて、アンティークな芸術品のようだ。
Img_3707
生徒達は先生ととても仲良く授業を進めているように見えた。
この学校にはデザイン科があり、そこの生徒は女性が9割だそうだ。(写真は撮れませんでした)
Img_3699
Img_3711
偏見もあるだろうがどうしても工業高校というと、イメージが悪かった。
生徒達本人もそう思っていることは否めない。
先生と話したときもそういわれていた。
そのせいもあるのか、モノづくり大国と言われた日本に工業高校が減っている事実は非常に残念だ。
指導する先生達にも工業系出身の先生達が減っているという。
しかし工業高校で学んだことは、いずれ製造業に進むのであれば非常に役に立つ。
手に職を持つためのベースとなるだろう。
みどりかわも使ったことが無い機械がたくさん置いてある。
出来るようなら、1年間でも授業を受けてみたいと正直おもった。
まだ10代半ばの生徒たちが、将来の道を決められるはずがない。(一部を除き)
今は与えられた環境で、様々な知識、技術を身に付けてくれればそれで良い。
いずれ社会に出て、自分の道を決めるときの糧になれば十分だ。
決して自ら限界を決めずに、コンプレックスを持つことなく、社会に出てほしい。
そのための助言や手伝いが必要であればミナロがやる。
そんな気持ちで今回の臨時講師を引き受けた。
リストラ負け組のみどりかわだって社長になれたんだから。
君たちに出来ないはずがない。
工業高校顔負けの高校出身です 汗

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。