売ることの大事さ

ミナロは依然シグナルブルーだ。
つまり暇ってことね。


しかし経営者は明日より先の事を考えて行動せねばならない。
現場が暇でも、やることは盛りだくさんだ。
そこで、先日すぎもと@ミナロも書いたが、売る事を本気で進めていくため緊急社内ミーティングを開いた。
製造業の場合、ほとんどが下請け体質。
仕事が流れてこない限り、作業が出来ない。
こちらの都合では仕事ができないのだ。
この流れを変えるためには、自らが売る事をすればいい。
自分達で仕事を作り、作業し、売る。
ケミカルウッド壱番店はまさに製造業自らが売っている。
数年前ならダレもやっていなかったことだって、やって出来ないことは無い。
今後ミナロでは、自分達が欲しいモノ、作れるモノを好きなだけ作り、そのモノを好きな人だけに売っていく事業スタイルを構築していく。
形あるモノが作れるのは、モノづくり達の特権だ。
ミーティングでは「まず手始めに、売ることは考えないで自分達の欲しいモノを作ることから始めるように」と、伝えた。
それらを売るための努力と工夫をして行くため、ある会社と提携もした。
経営者として先見の明があるのかが試される時だ。
こ、これでも目利きっすから・・・汗

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。