製造業の逆ザヤ

ゼロ金利解除後の金利上昇にどう立ち向かうか。


銀行から売り込みがあった。
「是非当行とお付き合いを頂きたい」と。
早い話、お金を借りてくれと言うことだ。
では提案を伺いましょう、ということで、こちらの希望を伝えた。
もちろんプロパーで、保証協会無し。
500万円3年か、1000万円5年での条件をだしてもらった。
出てきた金利は、一般の初取引では最低だろう。
これから間違いなく金利は上がるというのが、おおかたの見解。
0.025% という数字が、金利変動の最低単位。
現在が 2.0% だったらひとつ上は 2.025% 。
金利は毎月見直され、その幅は 0.025% が最低単位で 倍の0.05% だったり 4倍の0.1% だったりする。
1年前から、ゆうに0.5% はあがっている。
土地代も、坪単価で20% 以上も上昇した。
製造業の飯のタネ、材料代も暴騰だ。
しかし仕事の単価は、一向に上がらない。
逆に下がる事も多い。
銀行の金利は、様々な要因で決まる。
公定歩合、銀行の経営状態、他行との関係、企業との信用度、等々。
バブル崩壊後に痛い目をみた経験から、赤字になる融資は絶対にしない。
貸し倒れ比率を厳しく考慮した金利設定は、例外を認めない。
初取引で状態が良い企業で、銀行の方からお声がけがあってもだ。
金を借りれば借りるほど、仕事が大きくなればなるほど、今まで以上に利益は流れてゆく。
この製造業における逆ザヤ状態は、しばらくのあいだ続きそうだ。
資金をすべて銀行に頼る事はヤメ、間接金融と直接金融をバランス良く使うことが重要ではないだろうか。
そのためには、製造業であっても、正確な帳簿と情報公開で、外部の支援者を多く集めることが大切になってくる。
手も頭も口も使う製造業にならないと、利益は残らないだろう。
モノづくりはカネづくりの道具じゃない

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。