南部フーズ工場見学

1647_1_2
8月11日(金)に魁☆小出塾で南部フーズ株式会社様の工場を見学させていただいた。


小出塾にとっては初の食品関連会社訪問。
どのような気づきがあるか楽しみだった。
南部フーズは南部食品という屋号で37年前に船越社長が横浜市緑区で創業。
20年前に横浜市行政の要請で、金沢産業団地へと進出。
工場移転にあたっては、当時新工場を建てたばかりで、要請をさんざん断ったとも言っていた。
その頃から船越社長は先見の明があり、黒豆コーヒー、おいしい水の製造販売を試みるのだが、その時代にはまだ早すぎる商材のため頓挫してしまう。
「水が売れる」なんて事は、水道局以外ありえない事だったのだろう。
しかし無添加にこだわり続ける姿勢は評価され、生協との取引が始まった。
技術にも定評があり、大粒の空豆をカタチを崩さず柔らかくする等ユニークな技術もあるという。
その後時代は少量多品種を求めるようになるが、現在の工場は大量生産向きのため、大変苦労をされていると言うことだった。
少量多品種は工業製品に限ったことだと思っていたが、食品も同様だったのは目から鱗だ。
そこで南部フーズでは、横濱001に認定された小柴の海苔や、ヨコハマをイメージしたパッケージの新商品開発にも力を注いでいる。
また、工場直販で一般へと小売りしているのだが、その販売拡大が今後の課題だということだ。
インターネット通販をやられていないのはもったいない、と言う塾生が多かった。
見学の際、煮豆を食べさせてもらい、おみやげまで頂いた。
普段からカップラーメン派のみどりかわの味覚がおいしいと言ったところで、信用は皆無だが、舌には信頼を置けるmsp@itoさんが、後日友人を連れて再度訪れたというのだから、本当においしいのがわかっていただけるだろう。
最近、船越社長とは色々なところでよくお会いする。
喫茶店でバナナジュースをおごってもらったり、パーティーで同席したりと。
今後、ミナロがなにかの役に立てれば幸いだ。
Y2Eの出番じゃないの??

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。