ダイソンという掃除機

Dyson1
ダイソンの掃除機をご存じだろうか?
評判は聞いていたが、なかなか高価で手が出せなかったのだが、このたび一機購入してみた。
TVや雑誌でさんざん取り上げられ、大人気となったダイソン掃除機を掘り下げてみる。


ダイソンの掃除機といえば、
まず思いつくのが、ユニークなデザイン。
機能面では、フィルターが無いため吸引力が衰えない。 部屋の空気より150倍きれいな排気、だろう。
しかし掃除機としてはとても高価なため、「ふ~ん、そうなんだ~」で終わってしまう人が多い。
みどりかわもそのひとりだった。
最近、ある都合により掃除機を購入しなくてはならなくなったため、電気屋と探しに行ってみた。
するとダイソンの掃除機は、陳列ディスプレーからして別格扱い。
掃除機売り場の花となっている。
売れ筋ランキングベスト3も、ダイソン掃除機シリーズがしめている。
今の日本は、安い物か高い物しか売れない時代、ダイソンは後者の最たる例だろう。
Dyson7
価格には迷ったが、良い物を長く使うというアドバイスの元、購入を決意。
開封後まず驚いたのは、そのギミックの良さ。
使わないときのカタチが非常に美しい。
メインホースは2段階でたたまれ、蛇腹ホースは本体を2周し収まる。
標準のヘッド部は後方にぶら下げられる、まるでガンダムのハイパーバーズーカの様に。(まぁまぁw)
細ノズル、毛ノズル等のオプションパーツもホースに取り付けられ、本体とはうまい具合に干渉を避けている。
デザインには透明パーツを多く使い、内部のシステムを見せているあたりも、メカ好きな男達の心をくすぐる。
(きっと購入決定の判断はダンナさんが多いんじゃなかろうか)
これだけでも買って良かったと思ってしまったほど、今までの掃除機のイメージを覆してくれた。
Ph1151570859
掃除しないで、飾り物としても、完全変形版マクロスに負けないほど遊べる。(まぁまぁまぁw)
押し入れに入れておくのがもったいないと思う人も多いはず。
また、この掃除機を作り出した、ジェームズ・ダイソン氏の言うこともかっこいい。
ダイソンサイトの、ダイソンストーリーに、

ダイソンにとって、「デザイン」とは単に見た目だけではなく、機能性を意味している。「デザインは機能性を追求することからはじまる。」のポリシーを持つダイソンでは、製品デザイナーは「エンジニア」と呼ばれる。残念ながら、英国におけるほとんどの教育制度は未だ学問偏重の傾向にあり、「手を汚しながらモノを作る」喜びを子供たちに伝えていない(産業革命の国であるのに、不思議である)。時間はかかるかもしれないが、ダイソンはこの状況を変えたいと願っている。

と書かれている。
これは今の日本でも同じ事が言えるのでは無いだろうか。
日本語には機能美(実用品として作られた物が、その機能を十分発揮することで発現する美)という言葉がある。
日本人がもっとも得意とし、世界に誇れることだ。
その技術を習得するためには、普段から沢山のモノに触れて、使い方を覚えたり、構造を考えたりする機会を多く持つこと。
いつまでもキーボードひとつでお金を動かすマネーゲーマーをもてはやすのは止めて、手を汚しながらモノを作る喜びを感じられる環境を子供達に与えたい。
良いモノづくりはすべての人を豊かにする。
せ、性能について書いてなかった 汗

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。