リコール

とうとう国内でもソニー製のバッテリーから火花というニュースがあった。


今年8月、アップル、デルのノートパソコンが相次いで発火、どちらもSONY製のバッテリーが原因だったのだが、ソニーは「デル、アップルコンピュータ向け以外では事故が起きる可能性は低いと」言うことでリコールを決定したのはだいぶ後となった。
そのリコール対象バッテリーを積んだ、富士通ノートパソコンが発火してしまった。
もっと早く回収していれば・・・
みどりかわが使っているVAIOも、みごとに対象品だ。
しかし10月28日現在、まだ回収開始とはなっていない。
またフレッツ光用のNTTでレンタルしているルーターのACアダプターも、出来が悪かったらしくリコール対象品だった。
「ひかり電話」対応機器付属の電源アダプタの不具合および対応について
なにこの引きの強さ?
普段ものづくりの現場では、ちょっとした不具合は良くあることだ。
しかし不具合が見つかった時点で、即対応するのが基本だ。
色々な失敗をし、不具合を直し、そうやって製品も技術も玉成されていく。
だが、コストを気にし始めるとそんな時間をとっていられない。
早く安く作らないと市場では勝ち残れない。
まず設計で手を抜き、次に作るときに手を抜き、チェックも適当に市場に出し、不具合が見つかってもしばらくはほっておく。
お金と時間を掛けないためには、この方法しかないだろう。
でもそれが今回のような全世界で使われているバッテリーだと大変なことになる。
今回の回収でいったいどれだけの無駄なお金が出ていくのか、累計960万個の回収で510億円の費用とも言われている、バッテリー使用メーカーはソニーに対し損害賠償も検討中だと。
安く作って利益たっぷりのはずが、会社の経営をも揺るがしかねない大損害。
きっと関係下請けは今まで以上にコストダウンを突きつけられるだろう。
巨大メーカーの不祥事が健全な中小製造業の成長を妨げていては、日本のものづくりの将来は厳しい。
それでいいのか?
CSRとかコーポレートガバナンスとか本気で思って言ってるのだろうか。
VAIO、気に入っているんだけどなぁ

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。