いつになったら?

今週の安倍内閣メルマガに、
 「景気がよくなってきたといいますが、下請けには安い工事しか発注がきません。いつになったら末端まで景気がよくなるのでしょうか」(女性、40代、千葉県)
という質問がでている。


その質問に対し、経済産業副大臣 渡辺博道氏が回答している。

 私もタクシーの運転手さんや商店の皆さんとよくお話をするのですが、『景気がよくなっていると国は言うけれども、私たちの実感はない』という声をよく耳にします。そのとおりだと私も思います。この景気回復をいかに実感のできるものにしていくかが大変重要だと思っております。 

政府としても景気回復はごく一部の現象であって、ほとんどの人は実感していないと認識している。
ではどうやって好景気の実感を持ってもらうのか?

 我が国の99.7%は中小企業です。企業の数としては430万社。そこに雇用されている人たちは全体の7割を占めています。まさに中小企業の活性化こそが日本経済の発展のかぎになるわけです。
 そのため、国としては、地域中小企業の活性化を図る「地域の応援」、中小企業の発展、事業再生を支援する「企業の応援」、起業・再起業を促進する「ヒトの応援」の三つの応援を同時に推進することにより、中小企業の活
性化に全力で取り組んでまいります。
 日本経済は、中小企業で支えられています。皆様方一人一人の声を真摯に受け止め、景気回復を全ての方々が確実に実感できるものとするべく努力してまいります。

と言うわけだが、どうなんだ?
中小企業が利益を上げるには、大手企業か消費者が製品を買ってくれない限り儲からない。
大手は十分儲かっているはずだ、戦後最大の好景気を作っているのは大手なのだから。
一方、消費者の収入も雇用も一部を除いて悪いまま。
北海道、四国、沖縄の有効求人倍率は0.5以下だということだ。
少しくらい生活に余裕が出たところで、そのお金の行き先は貯蓄だろう。
ということは大手に期待するしかないのだが、「去年よりコストアップをしてもイイよ」と大手企業側から言われたところがあるのだろうか?
想像で言うのもナンだが、99%無いと思う。
その逆に、「去年の10%ダウンでお願いね」と言われる下請けはゴマンとあるだろう。
それを防止するために下請代金法と言うのがあるのだが、納品後の値引きを強要したり、支払いを送らせたりとかは規制できても、「コストダウンを要請してはイカン、逆に毎年アップしなさい」とは書いてないだろう。
結局下請けは相見積もりの餌食となって、骨と皮だけの薄利でやっていくしかない。
そのうち景気も落ち着き、たいした恩恵を受けることもなく、低空飛行のまま経営を続けるしかない。
そう考えたら人も設備も今より増やせない。
例え一時的に混み混みの状態になったとしても、いつ仕事が薄くなるかと考えたら、雇用はムリだ。
経済産業副大臣は中小企業の景気回復のために地域の特色を活かしたモノづくり(北海道の鮭の皮からコラーゲンを作る等)を推奨しているが、それに関われる企業がどれだけあるのか。
政府が今年発行した「元気なモノ作り中小企業300社」には優秀な会社が沢山載っている、ミナロのお客さん、知り合いも載っている。
だがたった300人の優秀な中小企業の社長が載っているだけだ。
全国には430万社の中小企業があるのに。
きっと、300人の社長達は殺しても死なないタイプだろう。
政府が取り上げなくてもなんら問題ない。
ならば、ほっといたら死んでしまう中小企業を取り上げて、無料で全国に宣伝をしてあげた方がイイのではないかと思ってくる。
政府だって税金を使いネット広告をしているようなモノなのだから、全国の7割をしめる中小企業従事者の所得が増え、税収も増えると思えば出来ないことではないだろう。
「プロフェッショナル広報戦略」の著者 内閣総理大臣補佐官(広報担当)の世耕弘成氏が内閣メルマガの編集長なんだから。
でもまぁしばらくは政治に期待せずやっていくしかないけど・・・
中小零細にも広報が必要だってば

政府インターネットテレビ
経済産業副大臣 渡辺博道氏の回答

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。