バケツリレーのようなもの

20070223_1
トップページのプログレスバーが赤くなった。


赤の表示ははじめてのことである。
2月の前半は比較的空き気味だったのだが、後半になってドット混んできた。
仕事があるのはありがたいことなのだが納期とコストが問題で出来ないことも多い。
今回も納期の問題で大口の依頼を断らなくてはならなかった。
10日で900もの数を加工しなければならない、ミナロは一品加工の仕事が多いため、その納期ではどうやっても請けることは出来なかった。
しかしその依頼主の方は「もし加工が出来なくても治具製作はお願いしたい」と言ってくれる。
それであればミナロの得意とする領域だ。
ある工作機メーカーの営業の方が「いまは仕事は沢山ありますね、値段と納期にこだわらなければ」と言っていた。
ミナロへ回ってくる仕事も納期が無くなってから来る場合や、値段が後追いの場合もある。
この手の仕事をやっているところはほとんどの場合儲かっていない。
やってはいけない仕事なのだ。
しかし、情けや付き合いというものはお金以上に大事にしないと、明日は我が身となった場合立ち行かなくなる。
仕事の値段は依頼主によって変わる。
業績の良い会社からの依頼であれば利益も多い仕事となる。
業績の悪い会社からの依頼であれば利益も薄いだろう。
製造業の上流から流れてくる仕事は、穴の開いたバケツリレーのように次から次へと回していく。
穴からこぼれるのがそれぞれの利益なのだ。
回ってくるバケツの穴は大き過ぎないか、元々バケツに沢山の水が入っているのか。
アンカーに回ったときに十分な水が残っていなければ火も消せなければ米も炊けない。
バケツに水をくむ依頼主がケチったり、間にいる商社が大穴を開けているような仕事は誰も請けなければいい。
下流まで行き着かず蒸発するようであれば元の水が足りないと気づくだろう。
そして、バケツに沢山の水を入れてくれる依頼主はなにがあっても大事にすることだ。
火の車はだれ?

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

この投稿はコメントできません。