職人不要論?

セキメイバンのグランパさんのブログで「職人が消える日、の記事を見て」の記事の中に(株)インクスの山田社長の話が書かれている。

 ものづくりの世界でも、大量の熟練技術者が退職する今年は「技能継承」が課題だ。完成まで45日かかっていた金型の工期を45時間に縮めたベンチャー「インクス」の山田真二郎社長が、ある職人との交流を自著「インクス流!」(ダイヤモンド社)に書いている。
山田社長が金型の一級仕上げ師、石井二郎さんに技を教わるシーンだ。金型の溝を紙スリで仕上げる隣で「なぜ磨くのか」「なぜここで止めたのか」と根掘り葉掘り聞く。「これでしっくりいった」と石井さんが言えば、幅を測って「しっくりと言うのは3ミクロンですね」と記録する。こうして「神業」はコンピュータに伝承され、工期短縮が実現した。
そのコンピュータを使って19歳の初心者が石井さん並みの金型を作り上げたと聞き、石井さんは「もうこれ以上、恥かかせないでよ」と言ったという。

インクス山田社長の逸話は色々とあるが、さすがそこまで改革してきた人はやることが違う。
アナログな仕事をデジタルを使って便利にする。
まさにIT革命の一端を担っていただろう。
しかし「職人不要論」ととる人も多く居るわけたが、これは工作機とCADの進化と共に大きくなってきたアンチテーゼであり、OA化が進めばペーパーレスになるといった幻想とにている。
パソコンの普及でペーパーは減るどころか大量に消費されている。
グランパさんの記事では、

 「職人不要論」と受け取る人もいるだろう。しかし技は伝承される必要がある。25日、東京で開いた「理系白書シンポジウム」でインクスに入社して4年目の江口幹さん(32)はこう語った。「職人技を機械がやることで、新しいことを考える余裕ができる。人はもっと独創的になれる」

つまり使える道具が増えただけであり、上手く利用することで創造という人がやるしかない分野に今まで以上の時間をかけられると。
反発があるのは、新しい情報について行けない人達の不安や、変化を嫌う人達のぬるま湯的思考からだろう。
「職人不要論」を唱える人には意外と設備を導入する側の人が多い。
現場ではどれだけ機械が進化しても職人が不要になるはずがないと感じている。
これもやはり創造というモノづくりに一番大切なところを忘れてしまっている経営者側の人件費削減という幻想だ。
モノづくりの仕事はアナログで、デジタル化がどれだけ進んだとしても、アナログな部分は無くならない。
現場ではデジタルはアナログをサポートするものでしかない。
職人達は創造的なモノづくりをやりたがっている。
また年齢が若ければ若いほど創造性にあこがれる。
この現状を汲み上げるられる企業こそが、世界の中でも必要とされる次世代のニッポン製造業を作っていく人達になるだろう。
最後にグランパさんは

21世紀の「職人」像が変わり始めているのかもしれない。期待しつつ見守りたい。

と書かれている。
ここ数年まさにそう感じる。
追加で言わせてもらえば「工場の経営者像」も変わり始めている。
日本が得意とするモノづくりで有能な経営者が増えることを期待します。
つべこべ言わずにここも見てっ

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。