ワーキングプア

最近の雇用事情は複雑だ。
新卒は売り手市場で、大手がごっそり採用し足りない状態だと聞くが、一方ではワーキングプアといった働くより生活保護を受けた方が実入りが多いのでは?といったニートやフリーターも沢山いる。


この違いはどこから来るのだろうか。
正規雇用にならない本当の理由はいったい何だろうか。
企業側の問題もあれば、雇用される側の問題もあるだろう。
人もお金も足りないのがほとんどの中小企業の感想ではないだろうか。
大手は資金力を活かし、有能と思われる若者を2007年問題という言い訳で大量に雇う。
だが今度は成果報酬という大義で昇給は無い。
実際は採用した新卒のうち何割かが育てば良いのだろう。
こぼれ落ちた労働者を中小企業が格安の賃金で拾う。
多く払いたくとも払えないのが現実。
できれば仕事があるときだけ来てもらう非正規雇用が理想だ。
今年新卒で就職した者の中からも近い将来ワーキングプアな人達が出てくるのは間違いない。
この国は企業を存続させるためのお金がかかりすぎる。
法人税、消費税、固定資産税、雇用保険、社会保険、等々
その納税額はまともな黒字企業で一年のうち4ヶ月は国のために働いているようなものだと読んだことがある。
人を雇いたくても雇えない、仕事はあるけどいつ暇になるか判らない、黒字で納税しなければならないのにキャッシュが無い・・・
資本の無い中小企業は一発当てるまでは、な~んにも出来ない。
当たりが出るまでガマンできるかどうかが勝負と考えると、いくらギャンブル好きだとしてもベンチャー企業にはノリたくない。
すべてが企業努力と自己責任だと言えばそれまでだが、大手企業が率先して壊してきた日本的経営だった終身雇用、年功序列が崩れた今、コツコツ地道にやっていくしかない業種の人々にとって明るい未来は来ないのだろうか。
日本で夢を見ることは限られた一部の人だけしか許されないことなのか。
この人は上手くやっている
blogランキング

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。