それでも公人に?

スポーツ報知に書かれている痛いニュースだ。


丸川珠代氏、選挙権なし…NYから帰国後3年、転入届未提出

 元テレビ朝日アナウンサーの丸川珠代氏(36)=自民・東京選挙区=が16日、期日前投票を門前払いされた。丸川氏は約3年前に海外勤務から帰国しているのに、今年4月まで転入届を未提出。投票権が消滅した状態だった。同氏は「忙しくて(転入手続きを)忘れてしまって」と釈明したが、ここ3年選挙に行っていないのではという疑惑も浮上。とりあえず貴重な1票は確実に失ってしまった。

自分の住民票も管理できない人が、選挙に立候補するとは。
さらにこれまでの数年は投票にも行かなかったのだろう。
ワキが甘すぎる。
経営をやっているとなにかと謄本やら納税証明を提出しろと言われる。
ぬかりがあればコトが進まないから、きっちり管理するのだが。
国会議員になる人達はそんじょそこらの経営者より公人でなければならないと思うが。
自分の住所も納税もわからん人が、国民のなにを良くできるのだろう?
杉村太蔵議員を「認めたくない現実」と言えるほど、自身は公人になる覚悟があるのか疑問だ。
才女で美人で人気があったとしても、足下すくわれるコトをやっていては本当の支持者はつかないだろう。
世の中のルールはとても複雑で、悪気はなくとも悪者扱いを受けることもある。
しかしどれだけ清廉潔白さを主張しようが、足下に泥が付つていては支持されない。
公人になるためには、知識・徳望のすぐれた聖人君子に近づかなければならない。
時代は理想の聖人君子を求めている。
君子、危うきに近寄らず
blogランキング

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。