中国ものづくり視察団

Dsc_0710
9月20日~23日と中国蘇州の工場視察へと行ってきた。


今回大変お世話になったのは、株式会社エムアイモルデの宮城島社長(トシ君)と、株式会社ニッパクの長谷川社長。
エムアイモルデは蘇州昴愛模具有限公司という工場を展開されていて、ニッパクの長谷川さんは社長みずから蘇州宏駱池上精密模具有限公司に出向し日本国内へのルートを作っておられる。
金型工場、部品加工工場と4社程見せて頂いたが、その中で一番レベルが低いと思われる工場でも日本の金型屋でもよく見る情景じゃん?と感じた。
(さすがに放電ぶっかけははじめてみましたがw)
逆に最もレベルが高い工場の工程管理、品質管理、人の管理にいたっては、これがホントに中国か?と信じたくないようなある意味恐さを感じるほどだった。
現地の管理者によって意見は分かれるが、中国人作業者は自ら仕事を探すといった探求心はないが、収入に関わるレベルアップ要求をわかりやすくくすぐれば言われた事はやり遂げると言う印象。
それを実践した台湾人社長が経営する工場は驚異に思えた。
海外から管理者を招いて中国人作業者を指導する構図はこれからも続くだろう。
そしてミナロにとって今回のメインのテーマである、中国での材料販売の拠点探しは良い感じで進んだ。
残すはマーケティングだ、これをどう実現していくかを考えよう。
日本の中小企業の存続のために。
人気ブログランキングへ
このブログは「製造業ブログランキング」に参加しています、
面白いと思ったらクリックお願いします。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。