ウォーターボーイズ

ウォーターボーイズ2の最終話を観た、時間があるときはつい学園ドラマを観てしまう。
○人気ブログランキング。


ウォーターボーイズは高校生の男子がシンクロを通して仲間と何かをやり遂げるという題材だ。
自分はシンクロはやったことない(あたりまえだ)が、それと同時に進む人間関係や、お互いが認め合うまでになる過程がとても好きでこの手の学園ドラマを観てしまう。
初めに持っている誤解や偏見が次第に消えていき、最後には最強の仲間になる。
これはドラマだから出来ることかも知れないが、現実のいわゆる大人の世界だと、逆につきあいが長いほど誤解や偏見を持つことが多くなる。
今思うと、自分が高校生の時はまだ物心がなかった、世間のことは何も知らず将来やりたいことも特には無かった。
ある意味今でもそうかもしれない。
だが歳を取った、それから20年も経った、いつまでもそのままじゃ世間が許さない。
認めたくないが理想と現実は違うのはわかっている。
自分の気持ちが他人には正確には伝わらない、伝わったとしても同じ考えで行動出来るはずもない。
ならどうする?
残念だがこの答えは見つからない。
強いて言えば、強烈なカリスマについていくか、同じ空気の吸える場所で話をするしか思い当たらない。
みどりかわにはカリスマの素質は無い。
これからミナロをやっていくには、社員と仲間とそしてお客さんに同じ空気を吸ってもらう事を大事にしたい。
高校の帰り道、気になる子に「一緒に帰ろう」と言うのにどれだけ勇気が必要だったか。
そして「うん」と言われたときの何とも言えないあの感覚は、もう味わえないのかなぁ・・・
↓クリックして下さい励みになります。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。