ゴミは金なり

今週の「ガイアの夜明け」はみどりかわにとって衝撃的だった。
○人気ブログランキング。


日経スペシャル「ガイアの夜明け」 ゴミは金なり ~世界が奪い合う日本の廃棄物~
内容は大きく分けて二つ、日本では家電ゴミだったモノがアフガニスタンをはじめ中近東、東アジア、中南米では商品として売られているという事。
それと日本では産業廃棄物だったモノが、資源ゴミとして中国で買われているしかも高騰しているという事だ。
ここ数年でミナロの周辺にも産廃業者が多く進出してきた。
家電ゴミや廃車が海外で再利用されている事実はよく知っていたが、産廃が資源として買われていたのにはショックを受けた。
日本では埋めることしかできない産業廃棄物が、中国人の手によって仕分けされ、クリーニングされ、溶かされて資源となる。
安い人件費だから出来る事ではある、が、同時に材料代も安いという事だ。
この安い材料と安い労働力で出来上がってくる品物に値段で勝てるワケがない。
現状日本の製造業者がゴミを捨てる場合のほとんどが、お金を払って持っていってもらう。
純度の高いアルミや銅、ステンレスはお金を頂けるときもあるが、少しでも混ざってしまったら産廃だ、捨てるのに有料となる。
モノづくりには必ずゴミが出る、それを捨てるのにはお金がかかる事だと、なかばあきらめていた。
だが、中国の買い付け業者は「もっと日本のゴミが欲しい!」と言っているではないか、ものすごく衝撃的な事だ。
もしミナロが所属する日本最大級の工業団地がひとつにまとまり産廃を管理出来たら、お金を払うどころか資源として売る事だって出来るだろうに・・・
ゴミ屋の経験がある中田市長はこの事実を知っているのか?
未だに分別しても意味のない事業所系のゴミ収集方法を棚に上げ、横浜G30プランを進めようとする行政には期待しても無駄なのだろうか。
機会があれば、最近倒産してしまった産廃業者が残していったゴミの山を、中国の買い付け業者に値踏みしてもらいたいと思う。
↓クリックして下さい励みになります。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。