芸術版「モノつくりの逆襲」

ミナロのメルマガ「物作りの逆襲!」と同じ名前の展示会が開催される。


ヨコハマ経済新聞Bolg版より

神奈川県民ホールギャラリーは、10月16日から11月27日まで、現代彫刻の歩みIV「モノつくりの逆襲」展を開催する。同展は、アート(彫刻)、フィギュア(食玩、カプセルトイ)、人形、彫刻「大魔神」の四部門で構成される。彫刻では、故・細川宗英の「地獄」「風神・雷神」をテーマにした作品など18点のほか、籔内佐斗司、太郎千恵藏など日本彫刻界の代表的作家の作品や人形作家である平田郷陽と野口園生の作品が出展される。

以前にも「日本製造業の逆襲」というサブタイトルでNCネットワークさんがイベントを開催したと記事にした。
どちらもミナロのメルマガとはなにも関係ないが、「逆襲」という思考が同じなのだろうか、とても気になる存在だ。
芸術はトランクなかにし の本業、ヨコハマに招いてご一緒してもらおうか。
海洋堂の食玩約1,600個も展示されるというのでみなさんもいかがですか?
1日1回のクリックにご協力を。

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。