金と証

すでに先週の話題だが、みかん太郎さん友重さんのブログで「青色LED訴訟和解について」を書いておられるので、ここでも少し書いてみる。


200億円から6億円(遅延金を含め約8億4400万円)になった事について、それぞれの立場で捉え方が変わってくるのは仕方がない。
相次ぐ特許訴訟は、今後も続くのだろうか。
いっそのこと、開発もトムクルーズのように歩合制に出来ないものか。
映画界の事はさておき、不景気が長引くと、固定費を抑えるために、年俸プラス出来高払いや、売り上げ次第の歩合制と言った制度で契約する事が必要になってくる。
古い体質の組織の場合、年功序列、終身雇用の考えが染みついているだけに、平時はうまく行く仕組みでも非常時には労働者側と経営者側は真っ向から対立する。
この場合の非常時とは、プラスでは予想外の利益や発明、マイナスではリストラの事だ。
これから生まれてくる会社には、常に非常時というタイプの会社が増えるのではないだろうか。
資金がないため、一発当たるまでは低空を飛ぶしかないが、希望とアイデアにあふれていたり。
そういった場合新しい契約のしかたが必要になるだろう。
ただそこで、人にとって必要なのは金なのか証(あかし)なのか
40年間仕事をして平均年収500万円だとすると生涯賃金は2億円、いってみれば2億円あれば人並みの生活は出来る。
今回の特許権譲渡の対価は8億以上、4人分の生涯賃金だ。
と同時に、発明者は全世界から注目され、今後地球に人がいる限り、青色LEDの発明者として名を残す事になる。
つまりは、この時代に生きた証が残るのだ。
みどりかわだったらお腹一杯、言う事無しだ。
映画A.I.でこんなシーンがある。
セクサロイドのジゴロ・ジョーが人間の策略にはまり警察ヘリに捕まる時(=破壊されるという事だ)、「俺は存在した」と言うセリフがある。物語ではロボットが言うセリフなのだが「この時俺は生きていたんだ」という証を訴える心打たれる一言だった。
中村教授も不満あるようだが最後に良い事を言っている。
「和解内容には納得していないが、代理人の意見を受け入れた。発明対価問題については、後続の技術者一人ひとりにバトンを渡し、私は本来の研究開発の世界に戻ります」
・・・・私は本来の研究開発の世界に戻ります」実に格好良い、生きているうちに一度は使ってみたいセリフだ。
「・・・私は昼飯喰ったら戻ります」

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。