啓愛社見学@小出塾

今年初の魁☆小出塾は(株)啓愛社への会社見学、参加人数20名、回を重ねるごとにメンバーが増えている。


昭和9年創業の啓愛社のなかで比較的新しい事業部であるリサイクル工場を見せて頂いた。
自動車を解体する工場なのだが、そのすべてをリサイクルし、ゴミは一切出さない。
中古パーツとして売れる物は取り外し、オイルやガソリンは精製して再利用する。
それらはゴミではなく資源としてすべてお金を貰って売っているそうだ。
「すてる」を「つかう」に変える会社というキャッチフレーズがピッタリだ。
しかし景気による影響もある、現在は中古車市場がタマ数不足のため、廃車がオークションに並ぶそうだ、
そうなると啓愛社の様なリサイクル工場へ入ってくる廃車が少なくるため、廃車の価格が上がっているという。
廃車がなければ資源が取れない、つまり売るモノが無くなってしまうため、廃車を高値で仕入れるという現象が起きているという。
金沢産業団地にも不法投棄された車が何台もある。
車体番号をわざわざ消して、人目のつかない時間にやってきて捨てていく、これは犯罪だ。
しかし啓愛社のようなリサイクル工場へ持っていけば、犯罪者になるどころかお金をもらえる場合がある。
一度不法投棄された車は警察の監視の元、持ち主が現れるかもしれないと何ヶ月か監視する。
監視と言っても警告シールを貼るだけなのだが、この数ヶ月の放置の間に他の廃車やゴミが周囲を埋める。
警察の監視付きでは、リサイクル工場が勝手に持っていくわけに行かない、たとえその場所を綺麗にするのが目的であってもだ。
所謂行政サービスと言うものは、現実を理解していない場合が多い。
行政批判はさておき、
啓愛社でのこぼれ話で、廃車で入ってくる車のカーペットをはがすと、小銭がじゃらじゃらと出てくると言う。
「従業員がお尻だけ出してシートの奥の方を覗いているときは大抵小銭拾いをしている」と、笑って教えてくれた。
また、加工屋からでる鉄、アルミ、ステンの混在キリコも買ってくれるそうだ。
今後はゴミと環境を考えて、リサイクル工場とのつき合いを積極的に行っていきたい。
続きの前に・・・

▼会社見学の後は新年会へとくり出した。
塾生の一人に、これから独立するかしないかを悩んでいる家内制の加工屋さんが居る。
その方がよそで「独立しようかな」と相談すると「やめた方が良い」と言われることばかりなのに、この塾では「独立しろ!」と言う人ばかりなのはナゼだ。と言っていた。
他の塾生からは「今年中に独立しないと、塾から除名するぞ!」というきびしい発言も出ていた。
飲んだ席の事ですからね。
ただ、塾長は普段から「親は早く殺せ」と言ってますから、本気で考えた方が言いかも。
みなさんお疲れさまでした。
励みになります、クリックお願いします

隊長のブログへトラックバック!!

Follow me!

投稿者プロフィール

minaro
minaro株式会社ミナロ 代表取締役
「本当の価値はお金より物事にある」

【名前】
緑川 賢司

【肩書】
株式会社ミナロ 代表取締役
OCASILA inc. 代表取締役
NPO法人 全日本製造業コマ大戦協会 名誉顧問

【プロフィール】
2002年8月、二十歳から15年間勤めた木型製作所が閉鎖に追い込まれ、同業種の株式会社ミナロを起業。
「情報発信、BtoC、連携連帯」をキーワードに、中小製造業の世界で、いち早くブログやSNSを取り入れ、顧客数を1000倍にした。
2012年に『全日本製造業コマ大戦』を立ち上げ、現在までに全国150ヶ所以上で開催、参加チームも全国の中小製造業者を中心に延べ3000チームを超える。2015年2月には『世界コマ大戦』を開催し、7カ国の海外チームが参戦する等、世界を巻き込む一大プロジェクト事業に発展した。
2016年3月、新会社 Ocasila inc.を立ち上げ、「価値ある日本製を世界に通ずるハイブランドにする」をビジョンに、これまでに培った圧倒的な製造業ネットワークを元に中小企業の技術・製品を世界に向けて展開する業務を開始した。

【映画】
未来シャッター 主演
横濱の空の下

【テレビ/ラジオ出演】
NHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京
TBSラジオ、文化放送、FMヨコハマ、他多数

【新聞掲載】
朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、日本経済新聞、日刊工業新聞、神奈川新聞、他多数

【受賞歴】
産業Navi大賞2010、中小企業白書2013、メセナアワード大賞2013、総務大臣表彰2014、イベントアワード優秀賞2015

講演依頼.com
https://www.kouenirai.com/profile/8292

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。